ブログトップ

NPO日中

sxcn.exblog.jp

刀削麺といえば山西省 by 泉川友樹

 中華料理の美味しさは誰もが認めるところだろう。日本各地はもとより、いまや世界中のどこでも中華料理を味わえるようになってきている。

 一口に中華料理といっても、そこは広大な中国、味は地方によってさまざまである。基本的には「東酸西辣南甜北咸(東は酸っぱく、西は辛い、南は甘く、北は塩辛い)」といわれており、場所が変われば味も変わる。これも中国の魅力の一つだ。

 日本では麻婆豆腐が四川料理、北京ダックが北京料理であることはよく知られている。本場の麻婆豆腐や北京ダックを味わうために、四川や北京へのグルメツアーが組まれたりもしている。それほど、中華料理には人をひきつける力があるということだ。

 さて、「刀削麺」である。刀削麺とは麺生地の塊を刀でリズミカルに削っていき、その勢いで鍋に放り込んで茹で上げる麺料理である。独特の歯ごたえがあり、スープとよく絡み非常に美味しい。最近は日本でも刀削麺の魅力が紹介され、いろいろなところで食べることができるようになった。
d0007589_14114966.jpg
 中国で刀削麺といえば、山西省と相場が決まっている。私も中国留学中、山西省太原で食べた刀削麺が一番美味しかった。

 ところが、である。日本での刀削麺のお店は「山西省」の名前を掲げているところがきわめて少ない。多くは「西安刀削麺」と書いてある。どうやら西安の方が日本での知名度が高いからというのが理由らしい。

 知名度が低いという理由で、山西人が大切にしてきた刀削麺が「西安刀削麺」にとってかわられている。日本にいる山西人はやりきれない思いだろう。

 山西省は太原、大同、平遥、汾陽等の古都を有し、観光資源も豊富。また、山西省の商人は昔「晋商」と呼ばれ、大変な苦労を克服して財を成した人達である。中国で現代金融制度の原型を創り出したのも山西商人であった。現在、日本ではあまり有名ではないが、山西省や山西人は魅力に溢れているのだ。

 在日山西人には、今後山西の知名度を高める取り組みにますます力をいれてもらいたい。いつか、日本人も「刀削麺といえば山西省」と言う日が来るのを心から期待している。
以上

[PR]
by li_japan | 2009-08-24 15:54 | sx(晋、山西) | Comments(0)
<< 海归精英文化俱乐部太原分会 8年,小渊基金投资725万绿化山西 >>