ブログトップ

中国国際貿易促進委員会山西省委員会駐日本代表処

sxcn.exblog.jp

日本-澳門商工友好協会

日本-澳門商工友好協会
http://www.jm-cfa.com/
又是一个不伦不类的域名。



日本-澳門商工友好協会は
澳門政府身分証明局認定協会です
日本語/中国語
■ 会長挨拶■ 役員・組織図■ 定款■ 会員特典
協会について2008年澳門(マカオ)を訪れた観光客数が香港を上回りました。
東洋と西洋が行き交い、歴史ある街並みと現代が混ざり合う街、澳門(マカオ)。
その土地には優しさと懐かしさがあり、香港とはひと味違った不思議な魅力を持っています。
従来より、観光及びカジノ産業が大きな地位を占めます。※GDPの約4割、政府歳入の約7割※
香港資本等が参入し1970年代より繊維産業が、1980年代に入り玩具・電気・電子産業が発展してきました。
しかし、澳門(マカオ)の魅力は中国におけるその位置づけにあります。
1999年12月20日、澳門(マカオ)は中国に返還され香港同様「一国二制度」の下で、
外交・国防を除き、高度の自治権を有す澳門(マカオ)特別行政区として、
現行の社会制度、生活様式を返還後50年間維持します。
50年間はマカオが司法・立法・行政の自治権を持ち香港と同じく「一国二制度」のもと政治体制が運営されています。
澳門(マカオ)は、言わずと知れた世界一のカジノ産業都市となりました。
その税収が政府を支えているため、澳門(マカオ)は世界でも有数の低税率国です。
また、その背後には巨大な中国市場を控えており、中国への進出の拠点都市として重要な都市でもあります。
澳門(マカオ)のその特異性は、日本企業にとっても進出市場として、中国への進出拠点として、
あるいは東南アジア・世界への進出拠点として、今後ますます重要性を増してゆくことでしょう。
一方、澳門(マカオ)もこれからの2次産業、3次産業の発展の為に日本企業の力を必要としています。
このような情勢の下、日本-澳門商工友好協会は両国の有志の方々により設立されました。
協会についてマカオについて活動紹介入会案内お問い合わせ個人情報保護方針Copyright(C) 2009 Japan-macao commerece Frendship Association All Rights Reserved.
[PR]
by li_japan | 2010-08-19 22:43 | NPO&NGO | Comments(0)
<< 発車オ~ライネットのバスで富山に行く 山西视听网[经济资讯频道-天下... >>