ブログトップ

一言一会/那三届

sxcn.exblog.jp

をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷/小林一茶

————— 2016-12-6 —————

木に子 0:01
私たちが習った
『冬の俳句』 ベスト20!+1
が、いつも間に
『冬の俳句』 ベスト20!+3
になったので、補足された2句を勉強します。

冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷
【作者】小林一茶
【私感】子供の可愛らしい仕草が思い浮かぶ句です。
【発音】をさな子(こ)や 文庫(ぶんこ)に仕舞(しまい)ふ はつ氷(こおり)
d0007589_2143261.png

传说是 一茶的手笔 读々看

昨晚始 一直到现在 刚读完

をさな子や 文こにしまふ はつ氷

Zheng Ju 7:48
冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷

稚子三五人 书包斜挎家不回 新冰舞芭蕾

高明黎 8:06
冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷

小孩童 初冻藏书柜 即消融

木に子 8:12
仕舞うとは - Weblio辞書

高明黎 8:13
冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷

小孩童 书柜藏初冻 即消融

(1898)『をさな子や文庫に仕廻ふはつ氷』(文政句帳)
 付記・書簡(政7)は上五「おさな子の」下五「氷かな」

 爺の注釈・この句は、秋の朝、厠の前の手水鉢にはつ氷が張った。大人は割って手を洗うが、をさな子は珍しいものを見つけたのか、冷たい氷を手で掬い、文庫に仕廻ふが、すぐ溶けてしまった。

木に子 8:18
大師はや 蝋を噛む中 私けり

@高明黎 [抱拳]
助かるや 爺の注釈 ありがとう

高明黎 8:25
@木に子 大根が教えてくれたよ[呲牙]

木に子 8:28
【単語】
をさな子 幼子 孩子
や 切れ字
文庫 図書室 书房
に 助詞
仕舞ふ 仕舞う 仕廻ふ 拿着玩?
はつ 初 (今年?今生?)第一次
氷 冰

@高明黎 
高大師 熱海の爺に 会いたいね

 『一茶俳句集紹介』(741) ( 俳句、川柳 ) - 爺の独り言! - Yahoo!ブログ

云端 8:49
冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷

今冬初冰霜 幼儿欢喜捧书房 雀跃观冰忙

高明黎 8:55
仕舞うとは - Weblio辞書

[表情]使っていたもの,外に出ているものなどを納めるべき場所に納める。片付ける。また,適当な所に入れる。 「おもちゃを-・う」 「財布を懐に-・う」 「秘密を胸に-・っておけない性質」

还珠格格[表情] 9:01
冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷

寒川结新冰 顽童藏凌宝物箱 转眼无踪影

五绝 赠群主
岁岁年年有
群群队队多
相关他你我
百旺众人和[呲牙]

云端 9:07
@碧空秋水 [强][强][呲牙]

高明黎 9:10
@碧空秋水 [呲牙][强]木子大师的缺点就是 不持之以恒

还珠格格[表情] 9:12
@云端 @高明黎 只想能持之以恒地快乐学习下去[呲牙][呲牙][玫瑰][玫瑰]

云端 9:14
@碧空秋水 @高明黎 寓教于乐,寓乐于学[呲牙][调皮]

高明黎 14:02
午饭时间,添成十六字令…给木子大师支腿[得意]

冬の俳句 No.22
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷

呦 恣意孩童令我愁 冰初冻 捧至放书楼

云端 14:46
文庫有几个意思,感觉这里不是书库是书匣的意思,孩子把冰块装到书匣子里[疑问][疑问]

还珠格格[表情] 14:51
文庫(ぶんこ)とは - コトバンク

高明黎 14:52
汎指书库 也可单指书匣!书匣 日语一般都用《本棚·ほんだな》来区别!

这里 书库 书匣 不得而知!

还珠格格[表情] 14:53
@云端 似乎有放书的箱子的意思[微笑]另外还有放文具小东西的匣子的意思。我觉得小孩子会把好东西藏到自己的小宝箱里[调皮]

云端 15:21
@高明黎 @碧空秋水 说得有道理,放冰块,要是书库得放好多[呲牙]

高明黎 15:26
是的[呲牙]

还珠格格[表情] 15:41
@云端 @高明黎 [强][强]

桐~大道致远 18:44
d0007589_2145051.png

疾風吹く 万扇飛ぶ 金の道

高明黎 20:04
@木に子 木子大师,《文庫》到底应该翻译成《书库》还是《书匣》给个官方见解![惊讶]

木に子 20:25
@高明黎 私見ですが、どちらも可愛いですね。しかし、どちらが「可愛らしい仕草」に近い?

例えば、把书给弄湿了とか。淘气さがあるのはどちら?

高明黎 20:35
何も答えてません。

今日の悩みところでした。

木に子 22:19
皆さん、こんばんは。今後のお願いの一つです。
引用は「/作者」で表す。例えば、
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷/小林一茶
データ処理のためであり、よろしく頼みます。

《五七五汉俳与十六字令》

本群当下,汉俳推荐格式有三:五七五、三五三、十六字。
五七五字数最多,是基础。
三五三用于翻译日文俳句最适。
中国自古以来的十六字令,比号称世界上最短的日文俳句,也比五七五汉俳还少1个字。
昨日以来,向高人学习了十六字令的基本知识后,突然想出了“十六字今”这个词。
今天又学习了各位大仙的大作,斗胆一下,非常地失礼了,一并篡改了一下。
十六字今四首等,又是生造,可能导致强烈的批评,所以整整地犹豫了一天。
虽然如此,但是我还是鼓起勇气,现在将其抛出去,供大家批判用。

冬の俳句 No.22 
をさな子や 文庫に仕舞ふ はつ氷/小林一茶

575汉俳→十六字令
稚子三五人 书包斜挎家不回 新冰舞芭蕾/Zheng Ju
子 书包斜挎家不回 新冰舞芭蕾 三五人

小孩童 书柜藏初冻 即消融/高明黎
顽皮小孩童 初冻藏入书柜中 立即就消融
顽 小孩童初冻藏入 书柜中 立即就消融

今冬初冰霜 幼儿欢喜捧书房 雀跃观冰忙/云端
冬 幼儿欢喜捧书房 雀跃观冰忙 初冰霜

寒川结新冰 顽童藏凌宝物箱 转眼无踪影/碧空秋水
寒 顽童藏凌宝物箱 转眼无踪影 结新冰

呦 恣意孩童令我愁 冰初冻 捧至放书楼/高明黎
十六字令→575汉俳
初冰冻住呦 恣意孩童令我愁 捧至放书楼

【注】十六字今は平仄韵脚なしの十六字令であり、
アメリカ俳人に愛用されている漢俳形式の1つである。
昨日、高人より十六字令が教われ、ハードルが高いことが分かり、皆に普及させるのは難しいと感じた。
ちなみに、英俳圏で、俳句(漢俳)の定義は17文字以内の中国語。
その由来は、英俳の習慣からだと思われる。
英語学習者向けの週刊誌である週刊STでは、定期的に英語俳句のコンペを行うため統一されているルールでは、「(3行書きとし、)各行を5、7、5 音節以内にする」というものがある。

だから、米国の漢俳も17文字以内になった訳。

高明黎 23:11
《十六字令》不说,《汉俳575》也是有平仄韵脚的规则的![尴尬]

只是根据自己的心情吧![惊讶][呲牙]

木に子 23:15
d0007589_21401693.png

云端 23:16
这不能叫《十六字令》,平仄韵都不对,可以叫《十六字谣》[呲牙]

是说@木に子 群主发的这个图片上的东西[表情]

高明黎 23:19
@云端 木子大师就喜欢非规则的东东。其实是给自己留着《言い訳》[呲牙][得意]

什么《十六字今》的东东[惊讶]

木に子 23:25
汉俳的平仄

漢俳(苹果かんはい、協会かんぱい)の平仄について調べてみた。
様々な説があり、分からなくなってしまう。
定論がないみたいで、どれが良いでしょうか?

格律体
格律体规定平仄和押韵,这是因为汉语的发音较日语复杂,为了顾及音乐性而要规定格律。用文言写作,近似词的小令,所以亦可视为一个词牌。
格律只要求句子本身符合两平两仄相间,例如:
1.[仄]平平仄平 平平[平]仄仄平平 平平仄仄平
2.[平]仄仄平平 平平[仄]仄平平仄 平平仄仄平
押韵可以是三句全押、首尾押韵和后两句押韵,可押平韵或仄韵。
http://baike.baidu.com/link?url=ZyJU7O6KZpmAVZetMVEg-ESfBHF4Hl2Jm1fX6e6yuq743O8pfQ2EdnteML8WeJ6MnB1fFEXhk2oyVD_oykK2k_

格律汉俳之格律表:
[表情]仄仄仄平平,仄仄平平仄仄平,仄仄仄平平。
[表情]平平仄仄平,平平仄仄仄平平,平平仄仄平。
[表情]仄平平,平平仄仄平,仄平平。
[表情]仄仄平,仄仄仄平平,仄仄平。
——引自于进水着《诗帜》
http://www.baike.com/wiki/%E6%B1%89%E5%BE%98

《十六字令》平仄讲座 by 高明黎 : 一言一会/那三届

还珠格格[表情] 23:30
@高明黎 高教授[强][抱拳]

木に子 23:30
題から平仄を消した

《十六字令》讲座 by 高明黎 : 一言一会/那三届

@云端 《十六字谣》,除了1735,还可以是1753,88、4444等

云端 23:36
@木に子 这书上翻译的没有我们群里翻译得好

木に子 23:38
@高明黎 《十六字今》比《十六字令》少一划。那一划就意味着平仄韵脚[呲牙]

@云端 是啊,您说的很对[玫瑰]最近找了一些汉俳的书看,大多不如我们的打油

@云端 他们不懂日语,是从英俳翻成汉俳。虽意思多会走样很大,但也应该是一种创作,他们很努力,写作得很开心,还出了书,也有成果。我的也得有点成果才好



[PR]
by li_japan | 2016-12-06 21:15 | 一俳一会(俳句,漢俳) | Comments(0)
<< 百八の 鐘鳴り止みぬ そとは雪... 《十六字令》讲座 by 高明黎 >>