ブログトップ

一言一会/那三届

sxcn.exblog.jp

赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり/正岡子規

————— 2016-12-14 —————

木に子 5:51
各位、冬の句は一段落にし、秋の句を少し補足学習します。データに少し不備があり、いま作り直してますので、もう少しお待ちください。

中学受験俳句秋篇No.01
秋深き 隣は何を する人ぞ
【参考】 http://sxcn.exblog.jp/23564582

1214(三)中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり
【作者】正岡子規
【季/季語】秋/赤とんぼ
【説明】空は秋晴れで、遠くに見える筑波山の上には一片の雲もない。そんな空を一匹の赤とんぼがゆうゆうと飛んでいる。
【発音】赤(あか)とんぼ/筑波(つくば)に雲(くも)も/なかりけり

晴れて澄み渡った秋空のもと、野には赤とんぼたちが静かに、ゆうゆうと飛び舞っている。はるかに望む筑波山には、一片の雲さえないことだ。

眼前の赤とんぼの群れと、筑波山の遠景との調和が見事である。見た光景をありのままに描き出しながら、明るく静かな秋の情感をしみじみと伝えてくる。(秋・初句切れ)

※赤とんぼ… 秋の季語。テストで頻出。ちなみに「とんぼ」も秋の季語であり、夏の季語と間違えやすいので注意。
※筑波(つくば)… 筑波山。茨城県中部、関東平野にそびえる山。標高877 m。西側に位置する男体山(なんたいさん)と、東側に位置する女体山(にょたいさん)からなる。古くは「万葉集」にも詠まれ、日本百名山の一つに挙げられている。百名山の中では最も標高が低い。
※なかりけり… 一つも無いことだなあ、と詠嘆を表している。

※切れ字… 「かな・けり・や」などの語で、[表情]句切れ(文としての意味の切れ目)、[表情]作者の感動の中心を表す。

※初句で切れ、また、結句にも詠嘆が込められているので、本来は二段切れ。
※二段切れ… [表情]一句に切れ字を二つ用いたり、[表情]名詞による切れ目を作ることで感動の焦点が二か所に分散、互いに相殺されることで作品として失敗する場合が多いので嫌われる。しかし、名詞による切れ目は俳句では一般に用いられているので、これを敢えて二段切れと呼ぶ意味合いは薄れている。どちらに強い詠嘆を込めるかは作者の感覚によるところが大きい。
例:
[表情]松籟(しょうらい)や ・ 百日の夏来たりけり(中村草田男)
[表情]赤とんぼ ・ 筑波に雲もなかりけり(正岡子規)
d0007589_8402746.png

筑波山

云端 7:23
中学受験俳句秋篇No.01
秋深き 隣は何を する人ぞ

叶落已秋深 隔壁彻夜灯缤纷 不知是何人

天色寒 隔壁老王烦 找城管(通俗版)

还珠格格[表情] 7:37
中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

悠哉红蜻蜓 翘首仰望筑波顶 无云天空晴

Zheng Ju 7:48
中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

蓝天红蜻蜓 筑波山头舞轻盈 云归昨夜风

张佶 9:18
云归昨夜风 蓝天红蜻蜓 筑波山头俏 漫天舞轻盈

Zheng Ju 9:29
云归昨夜风 蓝天舞蜻蜓 筑波山头俏 遥见一点红

云端 8:14
中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

无云一碧空 筑波巍然天际耸 曼舞红蜻蜓

木に子 8:17
《红蜻蜓》
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり
红蜻蜓 筑波山上 云也 没有
一匹か? 違うでしょうね いっぱいぞ
秋晴れの下、赤蜻蛉たちが母なる筑波山に見守られながら飛んでいる。それは、青い空に浮かび上がる赤の天使と言っても過言ではない。
この説に同感します。
秋高气又爽 筑波青空群飞舞 红蜻蜓成云
秋高无白云 筑波青空尽赤虹 飞舞蜻蜓群

好像走样了。元の意味と違ってきたかと感じました

还珠格格[表情] 8:34
中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

天使红蜻蜓 筑波山中飞舞轻 晴空露水映

觉得红蜻蜓翩翩飞舞好像小天使一般可爱[愉快]

木に子 8:35
同感

Zheng Ju 8:40
タイトルなし

木に子 8:43
红蜻蜓 飞舞筑波秋 晴无云
秋高气爽晴 筑波青空无云坪 天使红蜻蜓

高明黎 9:55
中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

纷飞红蜻蜓 筑波羞怯隐崚嶒 彩云遁潜形

还珠格格[表情] 10:01
@高明黎 彩云躲起来了[Grin][Rose][Rose] @木に子 此亦同感[Fight]

浮雲 17:11
中学受験俳句秋篇No.02
赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

蓝天赤蜻蜓 筑波山勇扑昆虫 大肚圆撑得



[PR]
by li_japan | 2016-12-14 08:33 | 一俳一会(俳句,漢俳) | Comments(0)
<< 毎日一言(2016年12月11... 雪だるま 星のおしゃべり ぺち... >>