ブログトップ

NPO日中

sxcn.exblog.jp

荒海や 佐渡に横とう 天の川/松尾芭蕉

————— 2016-12-18 —————

木に子 2:55
1218(日)中学受験俳句秋篇No.06
荒海や 佐渡に横とう 天の川
【作者】松尾芭蕉
【季/季語】秋/天の川
【説明】荒れ狂う日本海の荒波の向こうには佐渡ケ島がある。空を見上げると、白く美しい天の川が、佐渡の方までのびて横たわっていて、とても雄大だ。
【発音】荒海(あらうみ)や/佐渡(さど)に横(よこ)とう/天(あま)の川(がわ)

越後は出雲崎(いずもざき)に宿をとり、目の前の荒波立つ日本海を眺めていると、黒々と潜(ひそむ)む流人(るにん)の島、佐渡の哀(かな)しい島影から打ち寄せる波の音に旅愁を誘われ、横たわるように佐渡にさえざえとかかった銀河の橋は、私の心に旅の寂しさと悲しさをいっそう募らせ、胸いっぱいになって涙が溢(あふ)れてくることだ。

表面上は雄大な景観を詠(よ)んだ写生句のようだが、流人の島、佐渡から打ち寄せる波の音に遠島された古人への同感を抱くとともに、旅中の孤愁に襲われ、その悲しみを深く内に込めた複雑な心境が詠まれたものである。(秋・初句切れ)

※荒海や… 荒れた日本海の海であることだよ、と詠嘆を表している。
※横たふ(よことう)… 天の川が横たわるようにして大空にかかっている壮大な景観を表している。
※天の川… 銀河。秋の季語。季節を夏と間違えやすいのでテストで頻出。

※切れ字… 「かな・けり・や」などの語で、☆句切れ(文としての意味の切れ目)、☆作者の感動の中心を表す。

※体言止め。

※横たふ… 擬人法。天の川が横たわるようにして大空にかかっている壮大な景観をたとえている。
※擬人法… 人間ではないものを人間がしたことのように表す比喩表現の一種。「ヒマワリがニコニコと笑っているよ」「救急車が悲鳴を上げている」「光が舞う」などは、人間ではないものごとに人間の動作(動詞)を当てて表現している擬人法の例である。他に、「風のささやき」「山々のあでやかな秋化粧」「冬将軍」「光の舞」など、名詞で表される場合もあるので注意する。

☆季語と季節の特定、鑑賞や主題など、この作品に関する問題が教材やテストでよく出題されるので注意しよう。

※「おくのほそ道」の旅(元禄二年:1689年)、七夕の吟。

※「おくのほそ道」の旅の後、芭蕉は「銀河の序」で次のように書き記している。
「佐渡が島は金を多く産出する、世の宝であり、ありがたい結構な島ではあるが、重罪者や朝敵のたぐいが島流しにされていることのために、ただ恐ろしい名で評判があるのも残念なことと思いながら窓を押し開けて旅の憂いを慰めようとしていると、日はすでに海に沈み、月はほの暗く、天の川が空の中ほどにかかり、星がきらきらと冴えわたり、沖の方からは波の音がしばしば響いてきて、胸が締め付けられるようで、断腸の思いがし、無性に悲しみが込み上げてくるのでなかなか寝付けず、墨染めの衣の袂は、なぜともなく涙でしぼるばかりでありました。そこで詠んだのがこの句です。『荒海や佐渡に横たふ天の川』」

※この句は芭蕉が「おくのほそ道」の旅の途上、七夕の日(新暦8月21日)、直江津(高田)の佐藤元仙宅で催された句会で吟じたものであるが、記録によれば7月7日当日は終日雨模様であり、夜には風雨ともにいっそう激しくなっていることから、芭蕉は実際にはその晩に天の川を見ていないことになる。しかし4日については、弥彦を発った朝方は快晴、夕刻に出雲崎に到着してのち、「夜中に強雨となる」と記録があるので、当日天候が崩れる直前、この出雲崎で天の川を見るわずかな時間があった可能性がある。出雲崎での4日、あるいはそれ以前の数日間にその着想を得、7日に当地の句会で吟じ、披露したということなのだろうか。(諸説有り)

参考:曾良の「随行日記」に次のような記録がある。
・7月4日(新暦8月18日)
快晴。午前7時半頃に弥彦を発ち、同日午後3時半頃、出雲崎に到着、宿をとる。夜中、強雨となる。
・7月5日(新暦8月19日)
夜来の雨、朝まで続く。午前7時半頃、雨が止み、出雲崎を発つ。間もなくしてまた雨が降り出す。柏崎に至った後、…(中略)… 午後4時半頃、鉢崎に到着し宿をとる。
・7月6日(新暦8月20日)
雨、上がる。昼頃、直江津(今町)に到着。雨が強く降り、古川市左衛門宅に宿泊することに。夜、句会を催す。
・7月7日(新暦8月21日)
雨、降り続く。夜、佐藤元仙宅にて句会を催す(『荒海や佐渡に横たふ天の川』を吟ずる)。同宅に泊まる。昼のうちは少し止んでいた雨だが、夜になると風雨ともに激しくなる。
・7月8日(新暦8月22日)
雨が止む。午後2時半頃、高田に到着。

※俳人、荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)は、「天の川は出雲崎から見て、佐渡の方には横たわってはいない。したがってこの句は客観的な写生の句ではない」と述べている。一方、中野二三郎は、「天の川は西南からやや斜めに東北にかけて街を横ぎり、佐渡の方へ流れていた。この感じは確かに『佐渡に横たふ天の川』である」と述べている。

※横たふ… 「横たふ」は「何かを横にする」の意の他動詞であり、しかも連体形であれば「横たふる天の川」とすべきであるが、芭蕉はこの句では「何かが横たわる」の意の自動詞「横たはる」の代わりとして使用している。文法上の約束を超えているのは、漢文訓読の影響、音数上の都合や印象に鮮明さを与えるための芭蕉の意図によるものなのかもしれない。

※松尾芭蕉(まつおばしょう)… 江戸前期の俳人。伊賀上野の人。江戸深川の芭蕉庵に移った頃から独自の蕉風(しょうふう)を開拓。各地への旅を通じて、不易流行(ふえきりゅうこう)の思想を形成し、俳諧を文芸的に高めた。「おくのほそ道」「野ざらし紀行」「更級日記」「笈の小文」など。元禄七年(1694年)十月十二日(新暦11月28日)没。享年51。

・蕉風(しょうふう)… 松尾芭蕉およびその門流の信奉する俳風。美的理念としては、幽玄、閑寂を重んじ、さび・しおり・細み・軽みを尊ぶ。

・不易流行(ふえきりゅうこう)… 蕉風俳諧の理念の一つ。俳諧には不易(時代を超えて変わらないこと)の句と流行の句とがあるが、流行の句も時代を超えて人々に訴えればそれは不易の句であり、ともに俳諧の本質を究めることから生じ、根本は一つであるという論。

※「おくのほそ道」… 松尾芭蕉の俳文紀行。元禄二年(1689年)3月末江戸を出発し、東北・北陸を巡り美濃大垣(岐阜県)に至る約150日間、およそ六百里(約2400㎞)の旅日記。洗練された俳文・俳句は芭蕉芸術の至境を示している。元禄七年(1694年)頃成立。元禄十五年(1702年)刊。芭蕉自身は「奥の細道」ではなく「おくのほそ道」という表記を好んで用いていた。原文の題名もこの表記となっている。

图片3(可在附件中查看)

☆地図:「おくのほそ道」の旅でのルート

高明黎 3:46
今天的俳句做过了![惊讶]

中学受験俳句秋篇No.06
荒海や 佐渡に横とう 天の川

海浪涌 看佐渡岛耸 银河纵

木に子 3:56
我也觉得是 但不知为何机器 给检索漏了

http://sxcn.exblog.jp/23399355/

还珠格格☆ 7:00
中学受験俳句秋篇No.06
荒海や 佐渡に横とう 天の川

凝目观海涛 波浪之巅佐渡岛 好似银河高

高明黎 7:11
バグだらけ 木の子作製 プログラム[呲牙]

木に子 7:51
@高明黎 @碧空秋水 [强]
秋の句を 夏にされけり 原因だ 我がプログラム バグがなさそう[呲牙]

还珠格格☆ 7:53
@木に子 回答は プログラマ並み 強気だね[偷笑]

木に子 8:01
@碧空秋水 [抱拳][抱拳][抱拳]
一つのみ 披露しようか 裏技を

图片1(可在附件中查看)

图片2(可在附件中查看)

图片3(可在附件中查看)

この技で 一行の中 句のみけり

メモ帳で 前空行も コピペけり

还珠格格☆ 8:15
@木に子 コピペ高手[惊讶][呲牙]

Zheng Ju 8:19
中学受験俳句秋篇No.06
荒海や 佐渡に横とう 天の川

波涛望无边 佐渡日落归渔船 银河横长天

木に子 8:20
荒海や 佐渡に横とう 天の川
荒海上 逍遥去佐渡 银河桥

あの佐渡に 行きたかったの 芭蕉けり

今日の句 2回目のため 副題を

【一途に生きる】
花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びだけが残るのだ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今天出二题 求译成中文诗词 十六字令可

高明黎 9:02
けり 連用形に接続 乱用しないでください[惊讶]

木に子 9:05
我好象见过 名词之后也可以 是我记错了?

あの佐渡に 行きたかったの 芭蕉かな

なら宜しい?

浮雲 9:20
中学受験俳句秋篇No.06
荒海や 佐渡に横とう 天の川

巨浪掀天川 佐渡波涛如大山 水下龙王安

木に子 9:26
@浮雲 [强]和个77俳
大家都在抬头看 你却潜伏入了海

云端 9:34
中学受験俳句秋篇No.06
荒海や 佐渡に横とう 天の川

月下浪滔天 银河横越到佐渡 海天一色连

能看到银河,一定是夜晚吧[愉快]

还珠格格☆ 10:07
@云端 昨天和 妈妈桑还在 说这事[呲牙]

云端 16:45
俳句・汉俳--原创(云端VS碧空秋水)

浮雲 21:20
菜包肉包水煎包
另加山西小笼包
紧火慢火赶紧蒸
不被吃掉如何活?

木に子 22:10
一途に生きる

花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びだけが残るのだ

试译 一味地生存
花 散落之后无悲伤 求生存 只留下喜悦

云端 22:26
花 凋落成泥莫嗟呀 春归处 苒苒绽新芽



[PR]
by li_japan | 2016-12-18 15:31 | 一俳一会(俳句,漢俳) | Comments(0)
<< おりとりて はらりとおもき す... 朝立や 馬のかしらの 天の川/... >>