ブログトップ

中国国際貿易促進委員会山西省委員会駐日本代表処

sxcn.exblog.jp

北京生物工程及び医薬産業協力セミナー

d0007589_7585759.jpg

NPO法人日中代表理事・城西大学教授  張紀尋

 2008年の北京オリンピックを成功させるために、近年北京市は経済発展に力を入れ、大きな成果を収めています。2004年の北京市のGDP成長率が前年同期比10%を超え、1人あたりGDPが2003年に31,613元(1元=13円)に達しています。この数値が上海に次ぐ全国第二位であり、広東(16,990元)、江蘇(16,796元)を遥かに上回っています。北京市の急成長に大きく貢献したのが生物工程及び医薬産業です。2003年に北京市の医薬工業生産額、売上高及び利潤額が対前年比、それぞれ17.7%、17.1%、10.8%に増加し、利潤率が14.7%で全国のトップを占めています。507か所の医薬関連研究開発機関と「五院四校」(中国科学院、中国医学科学院、軍事医学科学院、中国中医研究院、中国農業科学院と北京大学、清華大学、中国中医薬大学、中国農業大学)が中国一の研究開発能力を形成し、北京市医薬産業の発展を支えています。特に大興区を中心に北京生物及び医薬産業基地が建設され、注目を浴びています。

 日本との経済交流を促進するために、来る5月14日に藩区長を団長とする北京市大興区代表団が来日します。この機会を利用して、5月16日に下記のご案内のとおり「北京生物工程及び医薬産業協力セミナー」を企画、開催することになりました。

日時:2005年5月16日(月曜日)13:00-16:00

会場:東京新高輪プリンスホテル桜の間
    (港区高輪3-13-1 TEL:3442-1111 山手線品川駅徒歩2分)

主催:北京市商務局・;北京市中小企業局
   北京市投資促進局・;北京市大興区人民政府
共催:NPO法人日中・北京市大興区商務局・北京生物工程与医薬産業基地
後援:日中経済発展センター・日中経済協会
   日本製薬団体連合会・日本製薬工業協会

第一部:挨拶
1、趙 宝智  中国駐日本大使館参事官
2、王 進軍  北京市中小企業局副局長
3、目黒 克己 ビル管理教育センター理事長、元厚生省生活衛生局長
4、日本製薬団体連合会代表
5、日本製薬工業協会代表

第二部:セミナー(演題)
1、張 紀尋 城西大学教授(日本の対中国投資と北京、大興区の経済発展)
2、日本製薬協会代表(製薬協会の仕組みと日本医薬産業の発展)
3、藩 新勝 北京市大興区副区長(大興区の経済発展と投資環境)
4、日本企業代表(わが社の市場開発戦略と投資戦略)
5、温 震  北京生物工程与医薬産業基地総経理(対中投資案件の説明)
[PR]
by li_japan | 2005-05-16 13:00 | NPO&NGO | Comments(0)
<< 听金子秀敏等关于中国涉日游行的讲演 生动的中国画(7) >>