ブログトップ

中国国際貿易促進委員会山西省委員会駐日本代表処

sxcn.exblog.jp

カテゴリ:交通大学( 4 )

2017新年会暨子女教育・青中年人的年金讲座

时间:2017年2月5日 (周日)14:00~
地点:日中友好会馆(报名请长点二维码)

d0007589_159779.jpg

各位旅日朋友:新春快乐! 迎新春阖家欢乐之际,我们可以暂时撇开工作,梳理一下个人和家庭生活方面的课题,回应资深会员们的需求,我们北交大日本校友会和科盟将于2月5日在日中友好会馆第一会议室举办年金退休金和子女教育经验交流方面的讲座及座谈会,会后将举行新春恳亲宴会,欢迎您和您的朋友光临。

讲座内容简介:
① 表扬式教育的重要性
如何培养孩子的独立性和责任感
如何培养孩子的学习兴趣(包括中文和外语)
如何培养孩子的亲情观
如何看待国籍的影响
如何处理事业和家庭的冲突
如何定义成功的女人和幸福的家庭......
② 日本年金的基础知识
你有年金手帐吗?
你办了减免等手续了吗?
可能获得年金的估算
获得中国退休金的可能性与方法

日程预定(讲座先后顺序也许会有调整):
14:00-15:30旅日华人子女教育经验交流讲座。
   主讲人:
   龙丽华(资深媒体人,儿子东大医学部毕业现在为纽约某著名医院医生)
   赵新为(东京理科大教授,女儿为著名新锐画家)

15:30-16:20 子女教育经验座谈交流

16:20-16:50 年金退休金问题讲座。
  主讲人:
  李扩建(内閣府認証NPO法人日中理事、北京交通大学日本校友召集人)

16:50-17:20年金问题座谈答疑

17:30〜交流宴会(会费5000日元)

主办:北京交通大学日本校友会、在日中国科学技术者联盟
时间:2017年2月5日 (周日)
14:00-17:30 讲座和座谈会(無料)
17:30〜交流宴会(会费5000日元)
地点:日中友好会馆 第一会议室
宴会地点:日中友好会馆1F 中国茶艺苑 馥
注意:讲座和恳亲宴会可分别报名
日中友好会馆信息:
网址:http://www.jcfc.or.jp/outline/access
欢聚交流,机会难得。因会场限制人数,报名请从速,先着順。
d0007589_15194648.jpg




[PR]
by li_japan | 2017-01-18 15:02 | 交通大学 | Comments(0)

交通大学百廿華誕日本祝賀会

交通大学的各位校友,社会各界朋友:

交通大学即将迎来120周年华诞,值此大喜之际,两岸五所交通大学的日本校友齐聚一堂,联合祝贺母校生日快乐,再铸辉煌!

报名:★请点击这里★

本次联合祝贺会的相关细节如下:
■召开日期:2016年3月13日(星期天)
■时间安排:报到 11:00~11:30
      开宴 11:30~15:30
■宴会地点:北京烤鸭全聚德 六本木店(China Four Seasons Roppongi)
   地址:東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木202
   交通:東京・地下鉄日比谷線 六本木駅 3番出口 徒歩1分
 餐馆主页: ★请点击这里★
  此次的宴会餐馆,我们精选了百年老字号名店全聚德的六本木分店,交通方便,环境宽敞幽雅,是タベログ上的高口碑名店。
■参加费用:社会人5000日元,学生3000日元。以上价格均为含消费税后的价格,当天在会场缴费。
■注意:为了手续上的方便和节省大家的时间,会费当天不设零钱找赎,请您事先准备好正好数额的钱。感谢大家的协助和支持!
本次活动是五所交大的日本校友会至今为止最大规模的官方交流活动。机会难得,希望大家踊跃参加!
报名参加者请填写以下真实的报名信息,提交表单。
报名时一人一单,如同时有多人参与,烦请各自填报表单。

此次祝贺会由各兄弟交大的日本校友会联合承办,如有疑问,请在各自的交大日本校友会群里向以下相关筹备组负责人咨询。

最新信息:http://sxcn.exblog.jp/i20/
[PR]
by li_japan | 2016-03-01 23:13 | 交通大学 | Comments(2)

交通大学日本校友会連盟 規程

第一章 総則

第一条 当会は「交通大学日本校友会連盟」と呼ぶ。英文の訳名:Jiao Tong University Alumni Association Japan。
当規程が指す交通大学は、上海交通大学、西安交通大学、西南交通大学、北京交通大学、新竹交通大学である。
当会は交通大学校友の聯誼を従事するボランティア団体である。

第二条 当会の目的:校友と母校、校友の間の連絡、団結と協力を強化して、交通大学の優良な伝統を発揚し、共に中国を振興するため、各国人民の間の友情を増進し、母校の発展のために力に貢献する。

第三条 当会の任務:校友と母校、校友の間の連絡をつないで、国内外の校友の知力の優位を発揮して、広範に影響して、母校の発展のために貢献する。

第二章 会員

第四条 一般に下記の条件の中の一つに合う者は各校友会の会員になる:
一、 交通大学の各時期の卒業生、履修生、研修生と各国の留学生;
二、 交通大学で教員を務めて、勤めた者;
三、 交通大学の招聘する兼職教授、訪問教授、顧問教授、名誉教授とその他の兼職者。

第五条 交通大学の校友、母校の校友を通じて、各地の校友会を連絡し、登記表を書き、当会の規程を承認して、当会の会員になる。

第六条 会員の権利と義務
権利:
一、 校友会の各種機関の成員に、選挙と被選挙の権力がある;
二、 校友会の組織する各イベントに参加し、提案を行い、意見を述べる;
三、 母校の各仕事に対して提案を行い、意見を述べる;
四、 当会の関係する刊行物と資料を得る。
義務:
一、 校友会の規程を守る;
二、 校友会の仕事に関心を持って、校友会の組織する各イベントに参加する;
三、 母校の発展を関心を持ち支持し、国内外の学術が交流するのを促進する;
四、 積極的に交通大学校友会の刊行物に原稿を送る。

第三章 組織・機構

第七条 当会は理事会を設け、理事で構成する。毎期の理事会は年2回とし、東京と日本各地で開催する。臨時会議は会長から招集する。

第八条 当会の理事は各校友会の協議から発生、各学校の定員1あるいは3名を推挙する。毎期の理事任期は2年、再任することができる。

第九条 各方面との間の連絡を強化するため、通信理事を特別に設ける。通信理事は各交通大学校友会の会長が推挙する1名ほどの校友に担当する。

第十条 全ての校友の能力を発揮するため、当会は名誉理事を設け、名誉理事は退任した理事とする。

第十一条 理事会の職責
一、 対外的に当会を代表する;
二、 各校友会の会長から順番に当会の会長を担当し、任期は1年とするが、5人の会長の協議で変更できる;
三、 当会の仕事の方針を討論して決定して、重大な問題を計画する;
四、 当会の規程を釈明して改正する。

第十二条 各校友会の会長は当然副会長で、そして理事会の交代する年限によって順番に会長を担当し、理事会を司会し、現任会長は実際に必要に応じて数人の副会長を推薦することができる。

第十三条 当会は幹事を設けて、幹事会を構成する。幹事は理事会に責任を持つ。当会の日常仕事を担当する。幹事は各学校から会長の指定者が担当する。幹事は当然理事である。

第十四条 当会は校友の連絡理事を設ける。会長のもとに、日本内外の他の校友会を連絡する。
一、 校友、各地の校友会と連絡し、当会の日常仕事を処理する;国内と海外の帰校する校友の学術講演、見学する;《交大校友》等の刊行物に投稿する。
二、 日本で《交大校友》を配る。

第15条 総会の定めにより会名を決めた。実際の情況によって、柔軟で、便利で、多様な組織形式をとって、更に有効に校友の仕事を展開する。当会と日本の各校友会は、いつも各地校友会と密接な連絡をする。しかし組織的な従属関係がない。

第四章 経費

第16条 毎回のイベントの経費は、団体の賛助、校友の寄贈のほか、残りはイベントに参加する会員で割り勘する。

第五章 停止

第17条 当会は不可抗力の困難などの原因で停止せざるえない時、理事会の全体会議から採決して、停止に賛成して、そして会長が関連文書を署名し、当会を停止することができる。

第六章 付則

第18条 当会は1996年に創立した。総会規程は1997年5月16日に施行した。当規程は2016年2月29日に制定した。



[PR]
by li_japan | 2016-02-29 23:59 | 交通大学 | Comments(0)

交通大学日本校友会章程(案)

第一章 总则

第一条 本会定名"交通大学日本校友会"(英文译名为:Jiao Tong University Alumni Association Japan)。
本章程所指交通大学为:上海交通大学、西安交通大学、西南交通大学、北方交通大学、新竹交通大学。
本会是从事交通大学校友联谊工作的社会团体。

第二条 本会宗旨是:加强校友与母校、校友之间的联系、团结和合作,发扬交大的优良传统,共同为振兴中华,为增进各国人民之间的友谊,为母校的发展贡献力量。

第三条 本会的任务是:沟通校友与母校、校友之间的联系,发挥海内外校友的智力优势和广泛影响,为母校的发展做贡献。

第二章 会员

第四条 凡符合下列条件之一者均可成为各校友会的会员:
一、 交通大学各个时期的毕业生、肄业生、进修生及各国留学生;
二、 曾在交通大学任教、任职者;
三、 交通大学聘请的兼职教授、访问教授、顾问教授、名誉教授及其他兼职人员等。

第五条 凡交通大学校友,经与母校校友联络处或各地校友会取得联系,填写登记表,承认本会章程,即为本会会员。

第六条 会员的权利和义务
权利:
一、 在产生校友会各种机构成员时,有推举权和被推举权;
二、 参加校友会组织的各项活动并提出建议或意见;
三、 对母校的各项工作提出建议或意见;
四、 有限取得本会的有关刊物和资料。
义务:
一、 遵守校友会章程;
二、 关心校友会的工作,参加校友会组织的各项活动;
三、 关心和支持母校的发展,促进国内外学术交流;
四、 积极向交大校友会刊物投送稿件。

第三章 组织机构

第七条 本会设理事会,由理事若干人组成。每届理事会开会一至两次,在东京及日本各地召开。临时会议由会长决定召集之。

第八条 本会理事由各校友会协商推举产生,每校名额1或3名。每届理事任期两年,可以连任。

第九条 为加强与总会和各会之间的联系,特设通讯理事。通讯理事请各交通大学校友会的会长并推举一名校友出任。

第十条 为发挥老校友的作用,本会设名誉理事若干名,名誉理事为已退任的原任理事。

第十一条 理事会职责
一、 对外代表本会;
二、 由各校友会会长轮流担任本会会长,任期由五位会长协商确定;
三、 讨论和决定本会工作的方针、计划及重大问题;
四、 解释和修改本会章程。

第十二条 各校友会的会长为当然副会长,并按理事会换届年限轮流担任会长,主持理事会工作,本会会长可以根据实际需要推荐若干名副会长。

第十三条 本会设干事若干人,组成干事会。干事会对理事会负责。负责本会日常工作。干事由各校现任会长指定者担任。干事为当然理事。

第十四条 本会设校友联络理事。在会长的支持下,负责协调和联络总会和日本以外的其他校友会。
一、 处理校友、各地校友会与本会联系事宜及日常工作;负责接待国内和海外返校校友讲学、参观访问等事宜;向《交大校友》和本会有关刊物投稿。
二、 在日本负责《交大校友》的发放工作。

第十五条 根据总会规定,本会称"交通大学日本校友会";按照实际情况,采取灵活、方便、多样的组织形式,更有效地开展校友工作。本会与日本的各校友会、总会和各地区校友会建立密切的联系,但不存在组织上的隶属关系。

第四章 经费

第十六条 各次活动的经费,由团体赞助、校友捐赠和以其他方式筹集,余额由参加活动的会员平摊。

第五章 终止

第十七条 本会在遇到不可抗力的困难等原因必须终止活动时,由理事会全体会议表决,同意终止,并由会长签署有关文件后,即可终止本会活动。

第六章 附则

第十八条 本会于1996年在中国大使馆教育处成立。总会章程经1997年5月16日校友总会通过施行。本章程经2016年3月13日校友会通过施行。
[PR]
by li_japan | 2016-02-29 05:42 | 交通大学 | Comments(0)