ブログトップ

NPO日中

sxcn.exblog.jp

<   2005年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

年賀状を止めました

事情により本家が年賀状をださないことにしました。
非常に楽だった。
来年も出したくないね。
[PR]
by li_japan | 2005-12-31 23:59 | 日本徒然草 | Comments(0)

请您参加山西电视台的春节晚会

山西老郷各位、大晦日でお忙しいでしょうか。
ただいま、山西省僑聯より連絡があり、去年のように録画したいと思います。
d0007589_7454213.jpg
どうすればいいか、皆さんのご意見を下さい。
日本山西同郷会より
[PR]
by li_japan | 2005-12-31 18:58 | sx(晋、山西) | Comments(0)

日本テレビ「女王の教室」

子供が好きな女王の教室日本テレビ)は、日本の現在及び未来を理解する良い番組だと思うね。来る春に放送されるスペシャル編にも期待したい。
d0007589_13441083.jpg

[PR]
by li_japan | 2005-12-31 13:40 | 日本徒然草 | Comments(0)

第2日本テレビ

テレビCMを見てアクセスした。

しかし、
http://www.dai2ntv.jp/が動くが、
http://dai2ntv.jp/が動かない。

インターネットの無知達までがインターネットを利用するようになった。
嬉しいか、悲しいか、分からない。

やはり日本テレビもインターネット業者のどこかに買収されないと駄目だね。

コンテンツ:一日一小泉
 ようこそ第2日本テレビへ!
 商店会長のT部長こと土屋敏男です。2005年もあと一日となりました。(12/30)
 そして日々進化を続ける「第2日本テレビ」
 またまた面白いコーナーがスタートしました。
 広場右側の「こちら第2日本テレビ報道部」の”投票B○×(ボックス)”です。
 牛肉輸入再開、同性婚、堀江社長、お雑煮、フィギアの浅田真央ちゃん
 これらのことに関しての皆さんの投票がどんどん更新されてリアルタイムで見られると言う
 「カル~い世論調査」と言った感じでしょうか?
 知っているニュースでも「どっち?」と聞かれると意外と難しいものですね。
 でも「難しく考えないで!」
 軽~く答えてその結果を見てみましょう。
 これも「ネット」ならでは!の企画ですね。
 もう年末押し迫っていますけれど
 「第2日本テレビ報道部」頑張っていますよ~!!
 さてさて22日のキャンペーンスタートと共にすごい勢いで新会員さんは増えちゃって「10万突破御礼」と言っていたんですがすでに14万人を突破。
 ありがとうございます。
 ”1月3日までの完全無料”で通常の10倍VTR見られちゃうは、トヨタプリウスが当たる抽選会への応募はすごいは,いつにも増して大騒ぎの第2日本テレビ商店街でございます。
 どうぞ〈こちらから〉を気軽に押していただき,下にある〈入会案内〉を押して、極めて簡単な手続きをしてください!もちろん入会金も会費も必要ありません。しかも1月3日までオールコンテンツ”完全無料”キャンペーン中なんです。
 
 プリウスが当たる「抽選会」の詳しい内容は、"上の青い文字”か商店街ど真ん中の鉄塔からぶら下がる「垂れ幕」をクリックいただくとわかるようになっております。プリウスだけでなく色んな賞品(ふざけたものも…)ありますので是非チャレンジして下さい。
 さらにその下の「特別催事場」が新オープンです!ただいま計画中の「準備室」みたいなものが入っています。
 さらにさらに色んなところが商店街”変貌”を遂げております!
 新作もこの日にあわせて「伊東家ランド」(”大発見”やトランプなどが超人気です。お休みに家族でやるには最高ですもんね)「電波&雷波」(加賀谷の”マチュピチュ遺跡””最後の旅グレート・ジンバブエ””鮒子のVIVAただ食い”)や「ショートフィルム屋」(アニメ「パニック・イン・ザ・ビレッジ」の吹き替え版が入りましたよ)に続々入荷!
 
 年末らしさと言えば、楽通り「魂の料理店 味と舌」ではおせち料理特集、年越しそばの打ち方まで
 「こちら第2日本テレビ報道部」の今年の主なニュースを振り返っています!
 5000本のニュースがある「タイムマシーン屋」も〈前・後の月に行く〉ボタンが付いたんです。各年末を好きなだけ見てみるなんてのも良いんじゃないでしょうか?
 さらには…
 ●広場の左側2階「第三惑星放送協會 第ニラヂオ」開店!
 ●「爆発屋」に色んな音がついた!
 ●「電波&雷波」は新しい棚がついて探しやすくなったよ
 ●日本ほぼ初上陸!脅威の的中率に騒然!!「モーヨン曜日占い」汐留イベントもやっているよ!
 ●ケータイ芸人育成ゲーム「お笑いっち」の二代目芸人は”本当の30代の夫婦”「西口夫妻」(吉本興業)
 年末も年始もひたすらネタを作り続ける!一日三回の食事をかけての30秒ねた!これも本邦初のリアリティゲームです!
 
 「会員10万人突破御礼キャンペーン”完全無料”&プリウスが当たる大抽選会開催中」の第2日本テレビを”師も走る中”しばしごゆるりとお楽しみください!

[PR]
by li_japan | 2005-12-31 09:48 | CIO, Net & PC | Comments(0)

李斯:常崇敏先生談40年移民心得

http://shanxi.ca/
http://www.postbar.ca/forum/viewtopic.php?t=29

  作為一個移民國家,多年來加拿大每天都有源源不斷的移民靜靜地飛抵,開始他們在這片美麗的國土上的新生活。上世紀90年代中後期起,數量可觀的香港和中國大陸新移民出現在多倫多的時候,同樣是技術移民來到加拿大的常崇敏先生,卻早與太太完成了在這片曾經陌生的土地上安家並且創業的旅程,正在享受安逸的退休生活。移民的生活有苦也有樂,付出辛勞,收穫卻是在加拿大開枝散葉,建立起美麗的新家園。面對來自故土的年青朋友們,常先生總是要情不自禁谈起自己40年的移民心得,鼓勵新移民們早日安家立業,享受在加拿大生活的樂趣。

心得一: 豁達勤奮

  移民他鄉,意味著人生將從零開始。移民在加拿大開始新的生活,首先要有一個健康豁達的好心態。今天的中國移民,比起百年前第一代的中國移民祖先,要幸運百倍,不但自己有文化有知識,加拿大的社會體制也比以前要公正完善很多,移民們更有條件有能力分析和選擇自己的生活道路和方向,心甘情願地選擇居留加拿大,才會有一個健康的心態,一個好的開始。但如果只是為了子女的前程,或者是感覺沒有顏面回中國,才不得不長籲短歎地留下,後面的生活肯定會失去方向,也無法給家人帶來幸福。其次,新一代的移民朋友,多數不但受過良好的教育,在國內的工作和生活也多是一帆風順,所以在加拿大白手起家的時候,更加要做好腳踏實地的心理準備,既來之,則安之,過去的成就和風光已經成為歷史,無論學英語還是就業,都要從一件件小事努力起,客觀分析自己的情況和性格再決定發展的方向,才能很快溶進加拿大的社會。

  每每見到剛剛抵加的年輕人,常先生總是要告誡在加拿大謀生並不容易。吃苦耐勞是移居海外華僑們生存的本錢,新一代移民也同樣需要付出勤奮的代價。常崇敏先生的移民生活,也是從進修自己的broken english開始,然後從事專業工作,最後轉行經商。看似平平常常的道路,卻是幾十年如一日,每一天都傾入了不懈努力。從學習語言開始,無論是謀職就業,還是重返校園學習,或者是創業,新移民都只有付出更多的汗水和努力,才能一步步找到自己生活的位置。

心得二: 權利與義務

  加拿大是一個非常好的國家,沒有可怕的戰亂,沒有亡國的腐敗,有民主有秩序,這是為來自各國的移民們公認。新移民來到這個法制的社會裏,應當明白自己應有的權利,學會爭取自己的權益保護自己。常先生的店面在DOWNTOWN西區,因爲有一位居民投訴寵物被車輛壓死,有一度政府封閉了附近的一整條馬路。道路封閉後,附近的居民不得不繞道駕駛造成許多麻煩,常先生的生意自然也受到了影響。常先生在店內設立簽名本,呼籲鄰居們支持他對封路的抗議。常先生带着超过千人联合签名的抗议,參加過不下20次的會議後,終於為他自己,也為鄰居們爭取到開放道路的決定。加拿大雖然不是一個完美無暇的社會,但是人權的力量還是存在的,她的美麗不但在於保護完好的自然資源和風光,更在於良好的人文社會環境。

  權利與義務肯定是同時存在的,享有權利同時就要遵守義務,社會才可能良性迴圈健康發展。常氏夫婦在登陸後與當時任何一位新移民一樣,接受過政府的生活津貼,但他們牢記這是社會資源,在自己有能力的時候,是要回饋社會的。用常先生的話來講,幫助有需要的人,回報社會是一件天經地義沒必要褒揚的事,是每個居民應當做的。中國人來到加拿大,也應當把她當成自己的新家園來愛惜。但是移民中確實有一些無公德心的人士,有亂扔垃圾愛占小便宜的,也有早已有良好的收入還領取政府救濟,這不僅僅有损中國人形象的問題,整個社會的整體利益得不到保证,個人的利益也不可能持续長久。

心得三:團結起來,中國人!

  中國人移居海外,但根仍然在中國,中國強大起來才是華人們最堅強的後盾。

  提到團結愛國,常先生不得不提到猶太人。常先生的客人裏猶太人很少,因為他們寧可多走幾條街,也要去他們稱為FRIEND的猶太同鄉開的店買東西。猶太人也很勤勞愛儲蓄,但他們卻絲毫不吝嗇往祖國以色列捐款。猶太人和中國人是二個有很多相似特點的民族,在加拿大一百多年的歷史裏,中國人移民到加拿大的時間並不比猶太人短,但猶太人在政治、經濟乃至媒體的影響力,卻遠遠要比中國人更大,中國僑民的團結精神確實與猶太人比,還是有一定距離的。

  團結愛國,是每個中國人都應當身體力行的事。同老一代的移民一樣,常崇敏先生對於自己的國家和故鄉有著濃厚的感情。常先生出生于山西常氏莊園的庭院內,是聞名遐邇的常氏家族的直系傳人。而事實上,常先生6歲就離開了家鄉,不但沒有在童年時享受到家族的庇護,反而比普通百姓人家過著更清貧和顛沛流離的生活,但他卻一直心向著中國,以故鄉和家族為榮,關心著中國的每一步發展。常崇敏先生最大的願望就是所有的中國朋友,不論來自香港、臺灣和大陸,團結互助真正攜手共進,新移民朋友也同樣有責任要把這種團結和愛的精神發揚和傳播下去。

  梅花香自苦寒來,移民他鄉的生活也是一樣的道理 , 有面臨困難和壓力的哪一刻,也会有享受成功喜悅的时候。新移民朋友只要一步一个脚印地往前走,積極主動地溶入社會,正如常崇敏先生的祝願一樣,在加拿大扎根落户并不是遥远的梦想。
[PR]
by li_japan | 2005-12-30 12:26 | sx(晋、山西) | Comments(0)

来日中的并社的公司

自分が作った山西招商ページにある「山西至诚科技有限公司(sxzckg.com)」が并社さんの会社であることが、いま分かった。可惜,网页打不开。不过,可以从其以下两frame的list.htmmain.htm看到其内容。
[PR]
by li_japan | 2005-12-29 18:45 | sx(晋、山西) | Comments(0)

新年快乐!

走进沙漠水最珍贵,
沉沉夜幕灯火最珍贵,
茫茫人海朋友最珍贵,
幸福生活健康最珍贵,
愿您拥有世界上一切最珍贵最美好的东西!
祝您新年快乐!
[PR]
by li_japan | 2005-12-27 09:50 | 日本徒然草 | Comments(0)

東京都「千住汐入大橋」の開通(報道発表資料)

補助第109号線「千住汐入大橋」の開通(報道発表資料) 平成17年12月26日
[PR]
by li_japan | 2005-12-26 00:00 | 日本徒然草 | Comments(0)

BS-iドラマ:星が輝く夜に(雪地裡的星星)

ついに華流登場!! 人気俳優が出演する純愛劇を!

http://www.bs-i.co.jp/main/dorama/show.php?175

放送時間 BS-i 毎週(土)22:00~22:54

d0007589_228478.jpg番組のみどころ

主演は、ドラマ「薫衣草(ラベンダー)」でイーシュンを演じたタミー・チェン、映画「T.R.Y.」出演や「劇場版仮面ライダー555」でのイケメンライダー役で日本でも人気急上昇のピーター・ホー、そしてこのドラマで大ブレイクした”台湾のタッキー”ことロイ・チウ。20年を経て再会した時から始まる運命的な恋と、異母姉に寄せる一途な想い。3人の切ない純愛劇を描いていく。(全20話)

あらすじ

■10/1 第1話
北海道の雪の中、画家の父子の前で交通事故が発生。父子はケガを負った夫婦を助けるが、妻は事故のショックで早産し女の子を残して死んでしまう。画家の息子は赤ちゃんを抱きかかえ、慰めるのだった。それは美しくも哀しい運命の始まりだった―。20年後、成長した女の子イーロン(タミー・チェン)は台湾の街中で、画家のピーター(ピーター・ホー)と、ひょんなことから知り合いになるが…。

■10/8 第2話
母親の再婚から2年。連れ子であることを周囲にからかわれ、義父に反発するアツァ(ロイ・チウ)は、絵を習っているピーターの家に転がりこむ。心配した母親と義姉のイーロンが迎えに来るが、そこでピーターとイーロンは再会を果たす。翌日、イーロンはアツァの着替えをもって、ピーターのアトリエを再び訪ねる。一方、アツァは同級生のシートンから告白されるが、他に好きな人がいると断ってしまう。

■10/15 第3話
ピーターとイーロンは街でバッタリ出会い、度重なる偶然にお互いを意識し始めていた。そんな折、イーロンに密かに恋心を抱くアツァは、彼女に姉とは思えないと伝える。「姉弟の関係が難しいなら、一生いい友達になりましょう」とイーロンは笑顔で手を差し出すのだった。複雑な心境のアツァだったが、彼女が気に入っていた星のついたネックレスをプレゼントしようとアルバイトを始める。

■10/22 第4話
ピーターは幼い頃から骨髄性白血病に冒されていた。薬で辛くも進行は止まっていたが、幼ななじみの医者から、再発防止に抗がん剤治療を勧められる。イーロンの親友で看護婦のヤーピンはピーターを病院で見かけ、病気のことを知ってしまう。そしてイーロンに理由を隠し、ピーターと深入りしてはダメと忠告する。一方、イーロンの父親は、両親を早くに亡くし孤児院で育ったピーターの過去を調べるが…。

■10/29 第5話
アツァがバイトを始めた製氷所で、ピーターも働いていた。それは、自分が育った孤児院に寄付するためだった。ある日、アツァは彼に片想いするシートンに、義姉のイーロンが好きだと自分の辛い気持ちを吐露する。そんなアツァの気持ちを知らず、イーロンとピーターは順調に交際を続けていた。イーロンはピーターを家に招待し、両親を紹介するが…。

■11/5 第6話
イーロンに星のついたネックレスをプレゼントしようと実家に戻るアツァ。ところが、イーロンからピーターが好きだと直接聞かされ、ショックを受ける。ピーターの家に居づらくなったアツァは、シートンの家に入り浸る。そんなアツァの気持ちを、ピーターも薄々感づいていた。そんな中、イーロンはピーターに何かしてあげようと、高級レストランへ誘う。

■11/12 第7話
孤児院育ちの過去を同情されたと勘違いしたピーターとイーロンは口論となり、喧嘩別れしてしまう。イーロンはヤーピンとアツァを呼び出し、号泣しながら事情を説明する。アツァは育った環境が違うから、彼を理解することは難しいと慰めるのだった。気晴らしにショッピングに出かけるイーロンとアツァ。そこへピーターから電話が入り…。

■11/19 第8話
両親の命日が近づき、ピーターは墓のある北海道にイーロンを誘う。その後を追うかのように、アツァとシンルーも北海道へ。墓参りを済ませ、そこで、雪子という名の女性と知り合う。彼女はピーターの叔母だった。ピーターは動揺し、唯一の血縁の存在を素直に喜べなかった。イーロンはそんな彼を歯がゆく感じ、強く責め立ててしまう。翌日、ピーターは雪子を乗せたバスを追うが…。

■11/26 第9話
北海道で初めて結ばれたピーターとイーロン。幸せそうな2人を見て、アツァは身を引く決心を固める。ところが、めまいの激しいピーターの容態の変化に気づき、ヤーピンから病気のことを聞いてしまう。帰国後、イーロンは幼い頃亡くした本当の母親の絵を描いて欲しいと、ピーターに頼む。快諾するピーターだったが、実は白血病が再発していた。

■12/3 第10話
ピーターが何か隠し事をしているのではないかと、イーロンの心は不安でいっぱいに。ヤーピンは彼を信じるようアドバイスする。そんな折、ヤーピンの家を訪ねたピーターは、めまいに襲われ、ベッドに横たわる。運の悪いことに、それをイーロンが目撃してしまう。ヤーピンは誤解を解こうと後を追うが、ピーターの病気のことは言い出せなくて…。

■12/10 第11話
目の痛みを訴えるイーロン。アツァは義父の書斎へ目薬をとりに行くが、そこでピーターの絵を発見する。ピーターのアトリエへと向かい、「孤児への同情から絵を買ったんだ。絵の魅力じゃない」と暴言を吐いてしまう。台湾に遊びに来た雪子を前に、ピーターはヤーピンが好きだと嘘をつき、イーロンに別れを切り出す。それは、病気を苦にしたピーターの、イーロンを傷つけまいとする愛の形だった。

■12/17 第12話
目が見えなくなったイーロンは、精密検査を受けるため、入院することに。両親が外国旅行で不在の中、付き添ったアツァは大切なバレーボールの準決勝の試合を欠場し、チームは負けてしまう。一方、ピーターは放射線治療を受けることを決心し、生きる可能性への第一歩を踏み出すが、イーロンが同じ病院に入院していることを知り…。

■12/24 第13話
イーロンの病状は悪化するばかり。失明を避けるには、もはや手術しか残された方法はなかった。一方、ピーターは抗がん剤治療の辛さから自暴自棄に。それでもイーロンのことは気がかりで、口の聞けない患者を装い、彼女の病室を度々訪れていた。そんな彼をヤーピンは献身的に看病し励ます内に、いつしか本当に好きになっていく。

■1/7 第14話
アツァ、ピーター、ヤーピンが見守る中、イーロンの手術は始まった。数時間後、みんなの祈りが通じたかのように手術は無事成功し、イーロンは光を取り戻す。そんな折、ヤーピンは「ピーターと付き合っているというのは嘘。イーロンを悲しませないための芝居だったの」とアツァに真実を伝えるが、彼の心中は穏やかではなかった。

■1/14 第15話
病院で知り合った同じ白血病患者の少女が突然亡くなり、呆然とするピーター。しかし冷たくなった彼女を前に、“生きる”ことを誓う。そして、自分のアトリエでもう1度絵を描きたいと無理矢理、退院してしまう。久々に絵筆を手に取り笑顔をみせるピーターだったが、その夜、高熱で倒れる。必死に看病するヤーピンは、ついに告白するが…。

■1/21 第16話
日に日に衰弱していくピーターは、イーロンのことを忘れられずにいた。そんな彼の姿に心を痛めるヤーピンは、ついにイーロンを呼び出す。そして、2人が恋人というのは芝居で、ピーターの余命がわずかなことを伝える。真実を知ったイーロンはアトリエへと急ぐ。ドア越しに「私のことまだ愛している?あなたの側にいたいの」と泣き叫ぶのだった。

■1/28 第17話
アツァは、イーロンがピーターを愛した理由を理解したいと、彼の育った孤児院でボランティアを始めていた。そんな中、アツァはピーターを街で偶然見かけ、声をかける。久々に話す内に、2人のわだかまりがわずかながら解消していく。ピーターは母親の形見のネックレスをイーロンにプレゼントするが、彼はひとり旅立つ決意を固めていた。

出演その他

制作 2002年台湾
製作:台湾・中国電視
監督:チャン・チョンイー:張中一

【出演】
陳怡蓉(チェン・イーロン) タミー・チェン何潤東(ピーター) ピーター・ホー邱澤(アツァ) ロイ・チウ ほか

【放送】
SD4:3 字幕
[PR]
by li_japan | 2005-12-24 22:06 | 日本徒然草 | Comments(0)

谨祝全家愉快

你们好。 值此圣诞和新年来临之际,谨祝全家愉快。
d0007589_19222710.gif
d0007589_1957127.gif
d0007589_19215286.gif
d0007589_19224082.gifd0007589_19205440.gif
[PR]
by li_japan | 2005-12-24 19:22 | 日本徒然草 | Comments(1)