ブログトップ

NPO日中

sxcn.exblog.jp

<   2007年 06月 ( 60 )   > この月の画像一覧

老舗

老舗
しにせ

老は「おい」、
舗は「店」すなわち「みせ」

「おいみせ」が何で「しにせ」に?

「しに」って、連想できるのは「しにそう」だが、違うであろう。
[PR]
by li_japan | 2007-06-30 23:57 | 日本語 | Comments(7)

三国志の英雄に秘密!恐怖の峡谷絶壁寺

TBSTBSテレビ「世界ふしぎ発見!」
山西省特集 6月30日(土)21時~22時

世界・ふしぎ発見! 「中国・黄河文明の美しき源流紀行」

三国志の英雄に秘密!恐怖の峡谷絶壁寺

6月30日(土) 21:00~21:54 TBSテレビ

世界・ふしぎ発見!◇黄河文明の中心地だった中国の山西省にスポットを当てる。かつて特産品の塩が全国に出荷されていた運城の塩湖、解池は三国志の英雄、関羽の故郷として知られ、彼を祭る最大の関帝廟(びょう)が残る。山西省の省都、太原では大商人の王一族が今も住むという王家大院を訪問。部屋数が1千以上もある広大な屋敷を取材し、王家の子孫にその歴史を聞く。世界でも名高い仏教遺跡が見られる大同では絶壁に建てられた懸空寺、中国3大石窟(せっくつ)の1つである雲崗石窟などを紹介する。ミステリーハンターは宮地真理子。問題は、関羽が発明したとされ日本にも伝わった物とは何か、など。

黒柳徹子, 板東英二, 野々村真, 磯野貴理, 谷原章介, 乙葉, 宮地真理子, 草野仁, 小林麻耶
李拡建(Monday, July 02, 2007 9:23 AM)皆さん、おはようございます。許娜さん、ご感想に感謝、会のhpにも載せました。さすがTBSですね。本当に良かったね。私も見事に最後の問題を外れました。(;;我が山西の善哉は善哉である!善哉!善哉!!では。クイズの記録
① 算盤:そろばん、関羽が発明した
② 河豚:ふぐ、黄河豚、黄河で取れる魚
③ 善哉:ぜんざい、日本に伝われてきた食を仏教の最高の言葉で表現

許娜(Monday, July 02, 2007 7:04 AM)皆様、こんにちは。昨日の「世界不思議発見」を見て、改めて自分が中国人、山西人であること誇りに思いました。自分の知らないことも紹介されていたので、もっと故郷について勉強しないとですね。感想としては、交通が不便なのが少し残念です。もし、直行便(特に、夏とかチャーター便ができたら)があったら、もっとたくさんの観光客がきてくれるのではないかと思いました。もっと、故郷のいいところを世界の人に知ってほしい。これからが楽しみです!!
高原(Friday, June 29, 2007 6:08 PM):会員の皆さん:こんにちは、6月30日TBS夜9:00から(世界不思議発見)我が故郷の=専題=として出ます。是非見てください。
[PR]
by li_japan | 2007-06-30 22:00 | sx(晋、山西) | Comments(5)

TBSより引用:「世界ふしぎ発見」山西省特集

TBS
TBSテレビより引用:「世界ふしぎ発見第1014回

中国・山西省 黄河文明の源流を行く


d0007589_8284143.jpgd0007589_828989.gif宮地 眞理子(みやち まりこ):1978年2月27日生まれ。神奈川県出身。女優として映画、TVドラマ、舞台などに多数出演するほか、CM、雑誌等でも幅広く活躍。趣味はボディボードと映画鑑賞。「映画は本当に大好きですね」との言葉通り、映画雑誌に連載を持っていたこともあり、自身でも「ハート・オブ・ザ・シー」('03年)、「WASABI」('02年・仏映)に出演。特技は、新日本舞踊、合気道。ミステリーハンターは今回で22回目。
今回の「世界ふしぎ発見!」ではミステリーハンター・宮地眞理子さんが、これまで日本で紹介される機会の少なかった中国・山西省をレポート!

d0007589_832441.gif北京の西に位置し、黄河とその支流・汾水(ふんすい)が流れるこの地は古代中国文明の中心地でした。そこには幾つもの世界遺産をはじめ、おびただしい数の史跡が残されています。でもなぜそれほどの遺跡が作り出せたのでしょう?その答えは…、世界四大文明の一つである黄河文明にあるといいます。山西省は黄河文明の中心地として、4000年も前から栄えていた場所だったのです。宮地さんは黄河文明の遺産を追って、山西省を縦に貫く黄河第2の支流・汾水716kmを辿ります!

Q.山西省を訪れた感想は?

北京までは飛行機ですぐに行けても、その先の交通が不便なこともあって、日本ではあまり知られていないようですね。実際に訪れてみると、様々な史跡をはじめ、世界遺産に指定されたものもさりげなくあるすごいところだな…、という印象でした。今回はそんな山西省を縦断して、盛りだくさんにレポートしてきました!

Q.まるで台風レポートに!? 大迫力の壷口(ここう)瀑布とは?

d0007589_8325987.jpg黄河は山西省の北の端から南の端まで700kmも続く峡谷を作っていて、その出口にあたる場所が壷口瀑布です。高さは15~20メートル程ですが、ものすごい勢いと迫力で、水がそこからバーンと噴出しているよう!近くまで行くとシャワーを浴びているみたいな水しぶきや、ゴーッという音がして、滝というよりは台風レポートのようでした!?

Q.手に汗握る仏教遺跡!? 山西省にはスリリングなお寺が?

d0007589_8362897.jpg汾水を北までさかのぼった大同にある懸空寺(けんくうじ)で、このお寺は断崖絶壁にへばりつくように建てられているんです。それも地上から50mの高さに!その様子を初めて目にした時は、よくこんな場所に…、と見れば見るほど不思議な気分になりました。

d0007589_836518.jpgそして早速レポートを始めたところ、いつもなら高所でも平気だし、段々テンションが上がってくるくらいなのに、このときばかりはなぜか違う展開に…。お寺に上がってしばらく経った頃、「うわっ、怖い」とこれまで体験したことのない気分になってしまったんです。スタッフの方によると、体調が悪いときなんかにそうなることもあるとか。確かに少し風邪気味だったから、体が危険信号を出したのかもしれませんね。お寺の全景を撮影するために、私を除く全員が、はるか彼方の地上に下りてしまった時は、時間がものすごく長く感じられました。しかもお寺の通路はとても狭く、人とすれ違う時にはぶつかる程なんです。細い杭だけで支えられた桟道に見学者がたくさんいる様子にも、「こんなに人が乗っちゃって平気なのかな~?」と内心ビクビクしたりして。ところが、それでも大丈夫な不思議なお寺なんですよ。

Q.中国三大石窟のひとつ、雲崗(うんこう)石窟を訪れた感想は?

d0007589_8392587.jpgこれは予想以上の規模でした!東西1kmの間にたくさんのほら穴があって、そこには大小5万体以上の仏像が彫られているそうです。かなり大きな仏像も多いので、普通なら威圧感を受けそうなものですが、その表情がとてもやさしいから、何だか…、上から見守られている気持ちに…。そんな空気感にもビックリしました。また立ち上がっている仏様もいれば、座っている仏様もいて、その大きさも様々。それぞれの違いを見ていけるのも面白かったです。特に有名なのは曇曜五窟(どんようごくつ)と呼ばれる5箇所で、その中でも一番大きな仏像は、周囲の壁にも小さな仏像がものすごくたくさん彫られていまいた。まるで型を使ってポンポン押していったみたいにズラーっと。一見、壁紙の様なんですが、よくよく見ると…、「あっ、ちゃんと全部彫ってあるんだ」とその立体感が分かるんです。ひとつひとつが本当に見応えがあるものでした!

Q.その広さは桁外れ!? 中国一の屋敷、王家大院の様子とは?

d0007589_8403624.jpg中国中で活躍した山西商人の中でも、一番の大商人・王一族のお屋敷が王家大院で、公開されている部分だけでも3万平方メートルの広さ!高台から見ると、映画の撮影も出来そうな広さでした。もちろんセットではなく全て本物だから装飾なども素晴らしいんです。決してゴテゴテしたものではなく、芸術的な価値を感じさせるものでした。ふとしたところに、凝った竜が彫られていたりするんです。だからとても趣があるし、しっとりとした雰囲気。お屋敷内を歩いていると、素敵だな~と思わせるものがたくさんありました。また王家大院は50年程かけて徐々につくられているので、ひとつの外壁に囲まれたところと、また別の外壁に囲まれたところでは少し雰囲気が変わって、「ああ、時代が違うんだな」と感じる面白さも。d0007589_8405757.jpgただ…、桁外れに広いので、私一人で移動しようとすると大変!思った場所と全く違うところに出ては「あ、ここか…」ってことに(笑)。

でも実際、住んだら一体どうなるのか想像もつきませんね(笑)。お屋敷とはいえ日本では考えられない広さだし、まさに中国ならではというスケールでした。

Q.さらに塩嵐やエステ、驚異の料理など、山西省は驚きの連続?

d0007589_8445086.jpg山西省第2の都市・運城には、解池(かいち)と呼ばれる塩湖があって、その周りには水が干上がって出来た塩が積もっていました。私は塩にご縁があるのか、ほかの国でも不思議な塩の様子をレポートしたり、舐めたりしてきましたが(笑)、今回初めて小麦粉みたいな塩と出会いました。d0007589_845961.jpgサラサラで、歩くとパウダースノーの様に足下がキュッキュッと鳴るんです。風が吹くと塩がホワ~っと舞い上がって、辺りが真っ白になる様子にも驚きました。

また解地ではその泥を使った全身エステも体験!蜂蜜の様なベースの上に泥を塗って、さらに蒸気で固めるんです。蒸気を当てた後はパリッパリに固まって、「オワリマヒタ~」と口も開かない状態(笑)。でも泥を洗い流すとすべすべになってました!

― 驚異の料理とは一体どんなもの?

d0007589_846190.jpg黄河を泳いでいた鯉のお料理なんですが、油が飛び散るその調理法と、がっちりした鯉の身には正直、度肝を抜かれましたね。また山西省名物のお酒・汾酒のレポートでは、中国はお酒の強い方が多いな~とつくづく感じましたね(笑)。見どころ満載レポートなのできっと楽しんでいただけると思います!
クイズの答えでは、3パターンのコスプレでも登場する宮地さん。多彩なレポートはもちろん、その変身ぶりもお楽しみに!
[PR]
by li_japan | 2007-06-30 21:00 | sx(晋、山西) | Comments(0)

風土・Food・ルネサンス~縄文からの贈り物~

<07年度 NPO法人おむすびママの会 講演・シンポジウム>
風土・Food・ルネサンス~縄文からの贈り物~
d0007589_10424045.jpg
おむすび作りに挑戦する参会者Tさんが小俣理事長の指導を受ける
d0007589_11164988.jpg
一粒の稲の「命」が成長していく様子は、人間の一生にとてもよく似ているそうだ。「お米の学校」と題して、米作りを通じ、全国各地で実地指導や講演をしながら、大地との関わり、水との関わり、太陽との関わりを、多くの人たちに「であい、ふれあい、めぐりあい」伝える平成の宮沢賢治こと、臼井さんのお話を聞きながら、皆で、命の大切さ、食育、農業、環境のことを一緒に考え、感じてみた。
[PR]
by li_japan | 2007-06-30 10:40 | NPO&NGO | Comments(1)

BROWSEUI.dllがみつかりません

友達のPC(PC STATION PJ730B)なんですが、Windows起動後「Browseui.dllがみつかりません」とメッセージがでて、デスクトップアイコン ツールバー タスクバーが出ず操作ができません。背景はでています。

http://pasokoma.jp/40/lg400163#400163

http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/08/browseuidll_f9c6.html
[PR]
by li_japan | 2007-06-29 21:16 | CIO, Net & PC | Comments(0)

「さんるーむ」で某大学の杜歓政副学長と食事

さんるーむで某大学の杜歓政副学長と食事した。某協会の理事長も同席した。

ちなみに、さんるーむの経営会社の日本レストランシステム株式会社、「私たち日本レストランシステム株式会社は食文化の創造と紹介を通じて社会に貢献します。お客様に喜びと満足を感じていただける価値ある商品を開発し、適正な価格で提供しております。主な経営店舗に洋麺屋五右衛門, にんにく屋五右衛門、カフェ モーツアルトなど。」

昔、ある会社の女性社長に呼ばれて上京し、就職に関する面接したあと招待を受けた「にんにく屋五右衛門」も経営している。なつかしい。


keywords:日本レストランシステム, レストラン, 経営, 飲食店, 外食, 産業, 採用情報, 洋麺屋五右衛門, 洋麺屋, 五右衛門, スパゲッティー, にんにく屋, 洋食
[PR]
by li_japan | 2007-06-28 18:30 | 日本徒然草 | Comments(0)

やぐら茶屋

d0007589_1405990.gifやぐら茶屋
http://www.daiwa-j.com/yj/
http://r.gnavi.co.jp/g048932/

可愛いお箸袋の裏に「How to Use Chopsticks?」があり、割と正しい。
d0007589_15133632.jpg
  1. Hold the first chopstick on firm and stationary in fixed posision with 2 fingers.

  2. The second chopstick is holed like a pencil with 3 fingers.

  3. This manipulation will form "V" to pick the food.
インターネットでで検索したら、たくさんのページが出てきた。
http://www2.odn.ne.jp/~ccl00440/chopsticks.html
http://www.pluto.dti.ne.jp/~makotoh/H2UseCPSTK.html
http://www.e-menuguide.net/chopstick-e.html
[PR]
by li_japan | 2007-06-28 12:58 | 日本徒然草 | Comments(0)

日本《活佛》新アドレスの啓動に関する通知

关于《活佛》新地址启动的通知

日本《活佛》新地址

http://sxcn.exblog.jp/i11


李擴建@東京

[PR]
by li_japan | 2007-06-28 07:49 | 活佛 | Comments(0)

莲花生大师简介

《莲花生大师本生传》より

  莲花生大师是释迦牟尼佛于《涅槃经》所授记的,住持和弘扬金刚密乘教法的殊胜化身,于释尊涅槃后八年,于达那郭夏海上之莲花中降生,帮名莲花生。莲花生大士是释迦牟尼之身,观音菩萨之口,阿弥陀佛之意所化现,是一切诸佛大悲加持之总集。莲师曾以无量化身住持释尊之显密教法,并莅临雪域,建立佛法,于 八世纪中应吐蕃王赤松德赞之请入藏弘法,创建显乘经院及密乘道场, 称为藏传佛法之始祖。莲师曾云:“于末法时,众生最宜成就者,即我莲师修法,故当勤起而精进之。”而一切莲师修法中,以修习莲师心咒极为殊胜。

  莲师心咒 ( 嗡阿吽班则格热班玛悉德吽 ) 含藏广大,它总集佛了陀的十二部教法于一体,包括所有显、密之精隨,总摄所有上师、本尊、空行、护法的最极心要,具足了息、增、怀、诛四事业法之力量,加持力迅速巨大。

  嗡阿吽:即一切诸法身体性,具足三世诸佛大悲加持,可令速入佛智。 班则:即一切诸佛金刚体性,可令消除无始所积一切罪过。 格热:即诸佛功德所集,施予众生无漏之受用福慧。 班玛:即一切诸佛大悲体性,以随贪之相,引导具缚有情。 悉德:即诸佛无上之内证功德。 吽:即令一切众生速入佛智之谓也。

  修习莲师心咒功德,可以自他二利,调服对佛法有邪见及作障碍的众生,使之进入佛法善道。世间法上可令行者资财丰裕、吉祥如意、身心安泰;出世间法上则可令行者成就迅速,圆满福慧二资粮,即身证得无上菩提。
  
  莲花生大师是印度高僧,藏传佛教的创始人。土蕃王赤松德赞准备创建一座佛教寺院桑耶寺,遭到了极大的阻力,于是便派遣使者从尼泊尔迎请莲花生大师前来扶正压邪,降妖除怪,创建佛寺,弘扬佛教。 

  在来土蕃的路上,莲花生大师遇到了以吐蕃十二女仙为首的千千万万妖魔鬼怪的阻截,但都被莲花生大师一一降伏。莲花生大师召集了当时吐蕃境内的所有山神妖魔,命令他们必须遵照佛陀的十善法行事业,协助赤松德赞创建佛寺,违者将粉身碎骨。莲花生大师还册封能施展各种妖术的神仙为护法神。

  莲花生大师帮助吐蕃两代王朝治理朝政,制定法律,传授佛学,创立了显密两宗俱全的佛教——藏传佛教,被称为“佛陀第二”。在吐蕃的功业完成之后又回到印度,继续传播佛教。
《西藏生死书》より

  佛经中讲,修莲师法,有无量无边不可思议的功德,简单言之,能具足息增怀诛,普度一切众生之大威德。且能了知世间出世间一切诸法,显密圆通,坚固戒律,顿开智慧,辩才无碍。其余如祛病、免难、长寿、衣食具足,息灭一切地方人风空所生诸灾,摧灭妖魔,能令一切鬼无不恭敬听命等等。
《无垢白莲花莲师全集》より

  奇胜哉!

  莲师说:我的西藏地方显密一切教法所有的要诀,从印度文翻译成藏文,同时,闻,思,修之外教法也一并得以弘扬开来。也把这些教法,分别藏在各地的大小圣地中,并预言指示了未来的取藏师,留下语意的精华。

  本意在:让后世弟子能够好好的持守三论戒律,明了轮回的本然之苦,不要浪费人身,好好的行善,祈请上师三宝,无误的取舍善恶,念诵精华六字明咒及莲师心咒,不分昼夜的祈请我,我一定会来。自心不造作,自然放下,则光明悟界中必可见我,三身的果报,此地获得。任何人,祈请我,如取得牟尼宝一般,此世、来世、中阴时,我必来救护,不要怀疑,不起二心,生起信心,清净心及无分别心,好好的供养佛的身、语、意,努力放生,月初,初十,月底,二十五,好好的做荟供及供灯、布施。关爱他人胜过自己,以菩提心来好好保护及救度六道有情。

  未来际108个伏藏师会来,各地会有一个伏藏师,也会有一个仪轨法集的取藏圣地,各地也会有一个功德主,一个成就者,一个比丘阿阇黎,和一个调服神鬼的大力瑜伽。这些都是我的化身,未来的有情,好好的升起信心!

乌金喇嘛翻译

[PR]
by li_japan | 2007-06-28 07:41 | 活佛 | Comments(2)

莲师净土——邬金刹土 简介

  莲师的净土,名为“邬金刹土”,但它却不是古印度的邬金国。只因莲师示现出生于邬金国境内的达那郭夏海中,又被邬金国王因扎菩提迎回宫中,并欲禅位为国王,所以后人总以“邬金上师”来尊称莲师,故而他的净土,便被称为“邬金刹土”。 

  邬金刹土和诸佛净土不同之处,在于它不是他方净土,就在我们这个世界——南阎浮提中。 

  南阎浮提有五大圣地:一是中央释迦牟尼佛成道的金刚座(菩提迦耶),二是东方文殊师利菩萨的净土五台山,三是南方观世音菩萨的净土南海普陀洛迦山,四是西方莲师的净土邬金刹土,五是北方法胤胜王的净土香巴拉国。其中,第一个是三乘(声闻乘、菩萨乘与金刚乘)所共尊的圣地,次二处是大乘(菩萨乘及金刚乘)之圣地,后二处则是金刚乘之不共圣地。前三处都是世人找得到的地方,有方志、历史可为证明,但后二处则是世人所不能到之处——除非身心都到达相当程度的净化,否则是到达不了的。香巴拉国据说位于西藏的大雪山之中,是新密时轮金刚之圣地,修时轮金刚法的行者即能往生该处。而邬金刹土,则是旧密祖师莲花生大士的净土,亦是宁玛巴弟子祈愿往生之处。 

  依据伏藏,莲师所讲述的情景,来介绍这一处胜地。 当莲师在西藏教化的因缘圆满时,莲师观察南阎浮提的未来因缘,见西南方有罗刹国,若不加以调伏,将会侵害南阎浮提众生。于是莲师乃前往罗刹国,将罗刹王的神识度化汇归法界,而莲师便进入他的身体,以罗刹王的身份,调伏罗刹众生,广扬密法于其国,并且运用神力,把罗刹国转化为净土,即是邬金净土。而其所调伏的罗刹众,则都成为勇士与空行。 

  邬金净土位于菩提迦耶金刚座的西北,在海中有一个岛,名为妙拂洲,这一个岛本是食肉罗刹所聚集之处,但却为三世诸佛所加持。为什么呢?因为最初密法流出的因缘,乃为诸佛要降伏大力魔王玛占茹扎,当玛占茹扎伏诛,他的身体裂成八块,分别落到八个地方,被加持成为八处密法最兴盛之处。基于这样殊胜的缘起,固为三世诸佛所加持,成为莲师的净土。这邬金净土,也一直承受金刚亥母的亲自加持。所以所有的空行母,都聚集到这里来。各种密咒的声音,充满了净土各个角落。任何人至此胜地,便能证得菩提。 

  在邬金净土中,有一座山,名为“铜色吉祥山”(或译作“铜色德山”),这座山的形状如心脏。山的底部,一直深达地底龙王的国界,山的半山腰是空行刹土,而山顶极不可望,有如直抵梵天。这座吉祥山王,和须弥山王一样,是由众宝合何而成:它的东面是水晶,南面是吠琉璃,西面是红宝石,北面是帝青宝。在山中有一座广大的宫殿,就是莲师所住的宫殿。由这四种宝所成,光明清彻,无内外,超越限量,故无大小。其所现乃诸佛境界,非凡夫心量所能思议。这座越量宫不仅周围,上下是诸宝所成,外面还有回廊、护墙、台阶等,也是诸宝所成,而且四面显现四种不同的颜色:东方蓝色,表息灾事业;南方黄色,表增上事业;西方红色,表怀爱事业;北方绿色,表降伏事业。墙缘上悬挂有璎珞网,转角处悬挂有铃铎,四面四门,各有牌楼,都以种宝做种种微妙庄严。在宫殿外的四方空地上,周围环列如意宝树,还有充满甘露的水池,池水自然上涌。在虚空中,到处充满如云的红光——莲花之光。所以这座宫殿,称为“莲花光越量宫”。 上面这一段描绘和极乐世界如此相似,可以说是密宗的极乐净土。 至于为何说这充满殿内外虚空的虹光是莲花之光呢?我们且看看《观无量寿佛经》的描述: 在七宝所成的地上有莲花,莲花具有八万四千瓣,每一花瓣上,都有八万四千脉纹,映现如众宝合成的色彩。每一脉纹,都放射出八万四千光明。又在每一花瓣之间,都以无量的摩尼宝珠作为庄严。每一颗摩尼宝珠,都放出千道光明。这些花瓣的光明与摩尼宝珠的光明相互交错,在虚空中,有如宝盖一样,遍覆极乐净土。这似乎可以作为“莲花之光”的注解。尤其经中说这光明宝盖,遍覆净土,而莲师也说莲花之光如云般到处弥漫 (亦可译为覆盖),所表达都是相同的情景。 

  这不可思议的净土,殊胜的人间圣地,其加持力也一样不可思议。任何人仅仅忆念之,都能获得殊圣加持,而生起寂灭大乐。 

  在这莲花光越量宫内,正中央有表征贪欲己完全清净的盛开莲花,莲花上有珍宝所成的八角形的日月垫。莲花日月垫上,即是诸佛总集自然化现之身——莲花生大士。莲师的身色、表情、手印、所持法器与服装,都随其所示现都具有表法特征;他神采焕发,有如千日之光辉;他的身躯比妙高山更威武伟严;他的两眼好似日月般地凝视;脸带微笑,容颜美妙。【以上是赞美莲师之身密】莲师的语调美妙而宏亮,有如千龙吟萧响彻云霄,宣说着甚深密咒之法。【以上赞美莲师之密语】莲师的心意深密广阔,和虚空界相等;以甚深的大悲化现无量化身,遍满法界,度生事业如天空的闪电一般迅速;对一切众生,总是平等关爱,而利益教化之。【以上是赞美莲师之意密】 

  在莲师的周围,四方和四隅,有五部如来所化现的忿怒降魔本尊 ——即八大法行之本尊。他们都踏在以邪执魔障为垫的莲座上。在莲师的莲花座四面,各有一个四瓣莲花座,分别站立了四部骷髅使者和空行众等,他们都穿戴着尸林行者的庄严(如五骷颅冠、人骨璎、虎皮裙、蛇腰带等),以游戏舞姿站立在四瓣莲花座上。 

  在莲花光越量宫外的回廊、穿堂、护墙等处,都有持明众(密宗成就者)及空行众,天人及天女等,如云般地遍满各处,以种种内、外、密等诸供品来供养莲师。越量宫的供台上,也布满了如云的供养天女,以遍满世间的六欲供品,兴普贤供养云,来供养如来。 

  在莲花光宫的四面四门,由四大天王分别守护,率领八部鬼神,遵依莲师的教敕 ,四处降伏如微尘众的魔障及外道。以上是莲师净土的情形。 

  在世上任何地方,任何时候,只要有人诚心的祈请,莲师都会从他的持明空行刹土(密宗本尊之刹土,因为都是持明及空行往生和聚集之处)而降,带著刹土中所有的本尊、空行、勇士、护法等。勇士空行都一面跳舞,一面唱歌,勇士的歌声中充满了“吽”和“呸”的咒音,空行则是以空行语言而唱。 

  由于莲师不可思议的悲心,无时不愍念南瞻部洲的有情,所以只要有人净信而祈请,莲师便到他的面前加持他,安慰他,为他除一切的魔障、邪道障、中断障等障碍,并赐予成就,直到成佛为止。 

……原文由 密行者 刊登于《观世音》月刊
[PR]
by li_japan | 2007-06-28 07:40 | 活佛 | Comments(0)