ブログトップ

中国国際貿易促進委員会山西省委員会駐日本代表処

sxcn.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

★★春俳句お勉強の予定★★②

324『春の俳句』 ベスト20!の01
鶯や 柳のうしろ 薮の前
【発音】鶯(うぐいす)や 柳(やなぎ)のうしろ 薮(やぶ)の前(まえ)
【作者】松尾芭蕉

327『春の俳句』 ベスト20!の04
門松や おもへば一夜 三十年
【発音】門松(かどまつ)や おもへば一夜(いちや) 三十(さんじゅう)年(ねん)
【作者】松尾芭蕉

330『春の俳句』 ベスト20!の05
しばらくは 花の上なる 月夜かな
【発音】しばらくは 花(はな)の上(うえ)なる 月夜(つきよ)かな
【作者】松尾芭蕉

402『春の俳句』 ベスト20!の07
白梅や ひと日南を あこがれぬ
【発音】白梅(はくばい)や ひと日(ひ)南(みなみ)を あこがれぬ
【作者】石川啄木

405『春の俳句』 ベスト20!の08
笋の うんぷてんぷの 出所かな
【発音】笋(たかんな)の うんぷてんぷの 出所(しゅっしょ)かな
【作者】小林一茶

408『春の俳句』 ベスト20!の09
筍や 目黒の美人 ありやなし
【発音】筍(たけのこ)や 目黒(めぐろ)の美人(びじん) ありやなし
【作者】正岡子規

411『春の俳句』 ベスト20!の10
近道へ 出てうれし野の 躑躅かな
【発音】近道(ちかみち)へ 出(で)てうれし野(の)の 躑躅(つつじ)かな
【作者】与謝蕪村

414『春の俳句』 ベスト20!の12
白桃や 莟うるめる 枝の反り
【発音】白桃(はくとう)や 莟(つぼみ)うるめる 枝(えだ)の反(そ)り
【作者】芥川龍之介

417『春の俳句』 ベスト20!の13
花の雲 鐘は上野か 浅草か
【発音】花(はな)の雲(くも) 鐘(かね)は上野(うえの)か 浅草(あさくさ)か
【作者】松尾芭蕉

420『春の俳句』 ベスト20!の15
春の夜は 桜に明けて しまひけり
【発音】春(はる)の夜(よる)は 桜(さくら)に明(あ)けて しまひけり
【作者】松尾芭蕉

423『春の俳句』 ベスト20!の16
春もやや けしきととのう 月と梅
【発音】春(はる)もやや けしきととのう 月(つき)と梅(うめ)
【作者】松尾芭蕉

426『春の俳句』 ベスト20!の17
百両の 石にもまけぬ つつじ哉
【発音】百(ひゃく)両(りょう)の 石(いし)にもまけぬ つつじ哉()
【作者】小林一茶



324『春の俳句』 ベスト20!の01
鶯や 柳のうしろ 薮の前

【発音】鶯(うぐいす)や 柳(やなぎ)のうしろ 薮(やぶ)の前(まえ)
【作者】松尾芭蕉

327『春の俳句』 ベスト20!の04
門松や おもへば一夜 三十年

【発音】門松(かどまつ)や おもへば一夜(いちや) 三十(さんじゅう)年(ねん)
【作者】松尾芭蕉

330『春の俳句』 ベスト20!の05
しばらくは 花の上なる 月夜かな

【発音】しばらくは 花(はな)の上(うえ)なる 月夜(つきよ)かな
【作者】松尾芭蕉

402『春の俳句』 ベスト20!の07
白梅や ひと日南を あこがれぬ

【発音】白梅(はくばい)や ひと日南(にちなん)を あこがれぬ
【作者】石川啄木

405『春の俳句』 ベスト20!の08
笋の うんぷてんぷの 出所かな

【発音】笋(たかんな)の うんぷてんぷの 出所(しゅっしょ)かな
【作者】小林一茶

408『春の俳句』 ベスト20!の09
筍や 目黒の美人 ありやなし

【発音】筍(たけのこ)や 目黒(めぐろ)の美人(びじん) ありやなし
【作者】正岡子規

411『春の俳句』 ベスト20!の10
近道へ 出てうれし野の 躑躅かな

【発音】近道(ちかみち)へ 出(で)てうれし野(の)の 躑躅(つつじ)かな
【作者】与謝蕪村

414『春の俳句』 ベスト20!の12
白桃や 莟うるめる 枝の反り

【発音】白桃(はくとう)や 莟(つぼみ)うるめる 枝(えだ)の反(そ)り
【作者】芥川龍之介

417『春の俳句』 ベスト20!の13
花の雲 鐘は上野か 浅草か

【発音】花(はな)の雲(くも) 鐘(かね)は上野(うえの)か 浅草(あさくさ)か
【作者】松尾芭蕉

420『春の俳句』 ベスト20!の15
春の夜は 桜に明けて しまひけり

【発音】春(はる)の夜(よる)は 桜(さくら)に明(あ)けて しまひけり
【作者】松尾芭蕉

423『春の俳句』 ベスト20!の16
春もやや けしきととのう 月と梅

【発音】春(はる)もやや けしきととのう 月(つき)と梅(うめ)
【作者】松尾芭蕉

426『春の俳句』 ベスト20!の17
百両の 石にもまけぬ つつじ哉

【発音】百(ひゃく)両(りょう)の 石(いし)にもまけぬ つつじ哉()
【作者】小林一茶



326(日)『春の俳句』 ベスト20!の01
鶯や 柳のうしろ 薮の前/松尾芭蕉
鶯(うぐいす)や 柳(やなぎ)のうしろ 薮(やぶ)の前(まえ)

327(月)『春の俳句』 ベスト20!の04
門松や おもへば一夜 三十年/松尾芭蕉
門松(かどまつ)や おもへば一夜(いちや) 三十(さんじゅう)年(ねん)

328(火)『春の俳句』 ベスト20!の05
しばらくは 花の上なる 月夜かな/松尾芭蕉
しばらくは 花(はな)の上(うえ)なる 月夜(つきよ)かな

329(水)『春の俳句』 ベスト20!の07
白梅や ひと日南を あこがれぬ/石川啄木
白梅(はくばい)や ひと日南(にちなん)を あこがれぬ

330(木)『春の俳句』 ベスト20!の08
笋の うんぷてんぷの 出所かな/小林一茶
笋(たかんな)の うんぷてんぷの 出所(しゅっしょ)かな

331(金)『春の俳句』 ベスト20!の09
筍や 目黒の美人 ありやなし/正岡子規
筍(たけのこ)や 目黒(めぐろ)の美人(びじん) ありやなし

401(土)『春の俳句』 ベスト20!の10
近道へ 出てうれし野の 躑躅かな/与謝蕪村
近道(ちかみち)へ 出(で)てうれし野(の)の 躑躅(つつじ)かな

402(日)『春の俳句』 ベスト20!の12
白桃や 莟うるめる 枝の反り/芥川龍之介
白桃(はくとう)や 莟(つぼみ)うるめる 枝(えだ)の反(そ)り

403(月)『春の俳句』 ベスト20!の13
花の雲 鐘は上野か 浅草か/松尾芭蕉
花(はな)の雲(くも) 鐘(かね)は上野(うえの)か 浅草(あさくさ)か

404(火)『春の俳句』 ベスト20!の15
春の夜は 桜に明けて しまひけり/松尾芭蕉
春(はる)の夜(よる)は 桜(さくら)に明(あ)けて しまひけり

405(水)『春の俳句』 ベスト20!の16
春もやや けしきととのう 月と梅/松尾芭蕉
春(はる)もやや けしきととのう 月(つき)と梅(うめ)

406(木)『春の俳句』 ベスト20!の17
百両の 石にもまけぬ つつじ哉/小林一茶
百(ひゃく)両(りょう)の 石(いし)にもまけぬ つつじ哉()


旧版

326(日)『春の俳句』 ベスト20!の01
鶯や 柳のうしろ 薮の前/松尾芭蕉
【発音】鶯(うぐいす)や 柳(やなぎ)のうしろ 薮(やぶ)の前(まえ)
【私感】鶯の動きを想起させる、究極の17文字といえるでしょう。

327(月)『春の俳句』 ベスト20!の04
門松や おもへば一夜 三十年/松尾芭蕉
【発音】門松(かどまつ)や おもへば一夜(いちや) 三十(さんじゅう)年(ねん)
【私感】門松で年を振り返る、万人の共感を呼ぶ句かといえるでしょう。

328(火)『春の俳句』 ベスト20!の05
しばらくは 花の上なる 月夜かな/松尾芭蕉
【発音】しばらくは 花(はな)の上(うえ)なる 月夜(つきよ)かな
【私感】「花」は一般的に桜と解釈されるかもしれませんが、他の花を想定しても成立するのが俳句の優れている点でしょう。

329(水)『春の俳句』 ベスト20!の07
白梅や ひと日南を あこがれぬ/石川啄木
【発音】白梅(はくばい)や ひと日南(にちなん)を あこがれぬ
【私感】啄木の作品には、短歌、俳句いずれも忘れがたいものがあります。

330(木)『春の俳句』 ベスト20!の08
笋の うんぷてんぷの 出所かな/小林一茶
【発音】笋(たかんな)の うんぷてんぷの 出所(しゅっしょ)かな
【私感】「うんぷてんぷ」を使うところが一茶らしさではないでしょうか。

331(金)『春の俳句』 ベスト20!の09
筍や 目黒の美人 ありやなし/正岡子規
【発音】筍(たけのこ)や 目黒(めぐろ)の美人(びじん) ありやなし
【私感】東京・目黒の「筍飯(たけのこめし)」は、江戸時代からの名物でした。そして、筍を食べると顔のツヤがよくなって、美人になるともいわれていました。

401(土)『春の俳句』 ベスト20!の10
近道へ 出てうれし野の 躑躅かな/与謝蕪村
【発音】近道(ちかみち)へ 出(で)てうれし野(の)の 躑躅(つつじ)かな
【私感】思いがけず、つつじに巡り合えた嬉しい心情が伝わってきます。

402(日)『春の俳句』 ベスト20!の12
白桃や 莟うるめる 枝の反り/芥川龍之介
【発音】白桃(はくとう)や 莟(つぼみ)うるめる 枝(えだ)の反(そ)り
【私感】短編の名手・芥川龍之介の句として、忘れがたいものです。

403(月)『春の俳句』 ベスト20!の13
花の雲 鐘は上野か 浅草か/松尾芭蕉
【発音】花(はな)の雲(くも) 鐘(かね)は上野(うえの)か 浅草(あさくさ)か
【私感】懐かしい地名が含まれていて、とても親近感を覚えます。

404(火)『春の俳句』 ベスト20!の15
春の夜は 桜に明けて しまひけり/松尾芭蕉
【発音】春(はる)の夜(よる)は 桜(さくら)に明(あ)けて しまひけり
【私感】「春の夜」と「桜」の取り合わせが、いやが上にも情緒を引き出してくれます。

405(水)『春の俳句』 ベスト20!の16
春もやや けしきととのう 月と梅/松尾芭蕉
【発音】春(はる)もやや けしきととのう 月(つき)と梅(うめ)
【私感】「月」と「梅」の取り合わせの妙を感じます。

406(木)『春の俳句』 ベスト20!の17
百両の 石にもまけぬ つつじ哉/小林一茶
【発音】百(ひゃく)両(りょう)の 石(いし)にもまけぬ つつじ哉()
【私感】「石にもまけぬ」が一茶らしさ全開です。



中学受験俳句春篇と『春の俳句』 ベスト20!重複の部

『春の俳句』 ベスト20!の02
梅一輪 一輪ほどの あたたかさ
【発音】梅(うめ)一輪(いちりん) 一(いち)輪(りん)ほどの あたたかさ
【作者】服部嵐雪
【私感】「梅」が冬を、「あたたかさ」が春を連想させ、季節が移り変わるころを絶妙にとらえています。

『春の俳句』 ベスト20!の03
梅が香に のっと日の出る 山路かな
【発音】梅(うめ)が香(こう)に のっと日(にち)の出(で)る 山路(やまじ)かな
【作者】松尾芭蕉
【私感】「のっと」が芭蕉ならではの擬態語であり、まず普通には出てこないのではないでしょうか。

『春の俳句』 ベスト20!の06
島々に 灯をともしけり 春の海
【発音】島々(しまじま)に 灯(ひ)をともしけり 春(はる)の海(かい)
【作者】正岡子規
【私感】夕刻の春の海を詠んだものは珍しく感じます。

『春の俳句』 ベスト20!の11
菜の花や 月は東に 日は西に
【発音】菜(な)の花(はな)や 月(つき)は東(ひがし)に 日(にち)は西(にし)に
【作者】与謝蕪村
【私感】名作中の名作、これを越える句があるとしたら…

『春の俳句』 ベスト20!の14
春の海 ひねもすのたり のたりかな
【発音】春(はる)の海(うみ) ひねもすのたり のたりかな
【作者】与謝蕪村
【私感】「のたり のたり」の繰り返しが、これ以上なく春らしさを醸し出しています。これも、普通には出てこない擬態語と感心してしまいます。

『春の俳句』 ベスト20!の18
古池や 蛙とびこむ 水の音
【発音】古池(ふるいけ)や 蛙(かえる)とびこむ 水(みず)の音(おと)
【作者】松尾芭蕉
【私感】俳句の代名詞的な存在で、驚異的な作品です。

『春の俳句』 ベスト20!の19
ほろほろと 山吹散るか 滝の音
【発音】ほろほろと 山吹(やまぶき)散(ち)るか 滝(たき)の音(おと)
【作者】松尾芭蕉
【私感】「ほろほろ」の表現が、才ある人ならではといえるでしょう。

『春の俳句』 ベスト20!の20
山路きて 何やらゆかし すみれ草
【発音】山路(やまじ)きて 何(なに)やらゆかし すみれ草(そう)
【作者】松尾芭蕉
【私感】何でもない句に思えて、つくろうとしてもつくれない存在ではないでしょうか。




[PR]
by li_japan | 2017-03-26 09:18 | 一俳一会(俳句,漢俳) | Comments(0)

母亲为什么这么伟大!--崔砚

  一个真实的故事,有感于已经过去的昨天:19年轮一回的元宵节加情人节。

d0007589_09373162.jpg
  科学发展到了今天,网络可以查到过去的日历,元宵节加情人节,也就是阳历和阴历正好凑到一起的只有:1957,1976,1995,2014,2033,约19年轮一回。这一天阳历和阴历的巧合对于别人可能不会在意,而对于我,却有着特别重大的意义!因为我是1957年2月14日即元宵节和现代的情人节这一天出生的。为了这两日是否为同一天,我误解了母亲约30余年,也正是因为万年历的证明,让我再一次的明白了,〈母亲为什么这么伟大!〉

  从记事起,我就知道自己的生日是元宵节,由于每年元宵节的日子都变化,所以我在上大学之前,所填写简历等其他表格上,都是根据当年的日历,我填过生日是1月15日,2月15日,还有3月15日。直至考上大学,要求转户口时,户籍警说我的生日太乱,回家问问母亲后再来办理。

  回家说明缘由后,母亲闭上眼睛,低头想了一回儿,告诉我是2月14日。我半信半疑地办了转移户口的手续。从此我生日就固定在了2月14日,毕业证、工作证、身份证、护照等都一样。出国后知道了2月14日是女孩给男孩送巧克力的情人节,常常被人开玩笑。心里一直认为:在那个过一天撕一张日历年代,穷苦工人家庭,生我那年是否买了日历都不知道,而且每年元宵节日子都变化,母亲又是解放后新型的参加三班倒工作的妇女,每天睡眠不足,家庭工作忙得不可开交,肯定把我的阳历生日给记错啦!

  当我确切知道这一天是正确的是:5年前住在美国的朋友送给我了万年历,当我得到万年历后,做的的第一件事:查阅1957年2月14日是不是元宵节,当我清楚地看到这一天的元宵节是2月14日,是情人节时,我眼泪夺眶而出,多想向母亲道歉,多想向母亲致谢,多想向母亲表达感恩,可是母亲却不在人间了、、、、、、

  从怀孕起孩儿就是母亲身上的一部分,出生时的痛苦和紧张,做母亲的怎能忘记?

  记得小时候我,特别爱过生日,家里人也特别注视,因为这一天是元宵节。舅舅为我扎的心爱的竹架子的兔子灯笼被烧后,爸爸给我焊制的不怕烧的铁架子灯笼、、、这一天我肯定是早起,去排队买油炸糖糕,下午去排队买水磨滚动元宵,晚上带着自己心爱的灯笼,去看灯展。妈妈告诉我:儿的生,母的苦。买回来的食品要先送给妈妈,我虽不明白意思,但都照样做了。

  现在我学了医去妇产科工作过,又做了两个孩子的母亲,深深知道了母亲的这般教导的重要意义!

  昨天、今天、时常、我会深深地陷入——想孝敬父母,而父母却不在人间的痛苦之中!

  孩子不一定会记住母亲的生日,但是母亲一定会记住孩子的生日的!

2014年2月15日写于东京
2017年3月18日改于南京


编者注:改了一字。另外,ただし、19年轮一回のは、一部の方しか合わない。私には違ってったが、57歳には合った。


[PR]
by li_japan | 2017-03-18 13:54 | Comments(0)