ブログトップ

NPO日中

sxcn.exblog.jp

タグ:百度 ( 17 ) タグの人気記事

有感于李彦宏《百度是否应该开发邮箱?》

761 网友:李扩建 - 2007-04-07 19:52
最近被你们没收了的我用了好几年的邮箱
li@baido.jp
看来有希望还给我了?非常高兴啊。
李扩建@日本
李彦宏《百度是否应该开发邮箱?》2007-04-03 10:51
百度一直没有提供邮箱服务,主要是觉得现有的邮箱都已经足够好用了。但说实话,我还是一直用Outlook在收邮件。Outlook总是提醒说要存档啊之类的,挺繁,总怕邮件太多了,超过一定限额会出问题。前几年的邮件丢过好几次,都是因为超过了2G的限额。如果百度做邮箱,就要提供无容量限制的邮箱。大家说说,你们现在用的邮箱有什么优缺点?

[PR]
by li_japan | 2007-04-07 20:52 | 日本徒然草 | Comments(0)

日本百度の画像検索

日本百度WEB検索が開張した同時にスタートした画像検索は、実にすばらしいツールである。

ちなみに、「李彦宏」を検索してみたところ、百度李彦宏自家地盘遭遇李鬼等の3枚がヒットした。
d0007589_16363981.jpg
d0007589_16371100.jpg
d0007589_16371719.jpg
真?:http://hi.baidu.com/liyanhong
仮?:http://hi.baidu.com/robinlee
[PR]
by li_japan | 2007-03-21 16:52 | CIO, Net & PC | Comments(0)

熱烈祝賀日本百度開張

熱烈祝賀日本百度(http://www.baidu.jp/)開張!!
d0007589_1011154.gif
ウェブ 画像 ヘルプ 検索オプション
百度をホームページに設定する
©2007 Baidu 免責事項 百度について

[PR]
by li_japan | 2007-03-21 09:24 | NPO&NGO | Comments(10)

百度CEO李彦宏が「海外起業家講演」に

ドリームゲート「TOKYO起業家サミット 大挑戦者祭2007 録画放送視聴ページ
13:00~14:00 「海外起業家講演」 メインステージ
海外起業家講演
Google(谷歌)、Yahoo!(雅虎中国)を押さえた中国No.1の検索エンジン企業日本上陸!
世界に挑戦するそのベンチャースピリットとは。

百度 Chief Executive Officer Chairman Robin Li氏

2000年1月設立当初より代表取締役、2004年1月から最高経営責任者。Baidu設立の前に、検索エンジン技術で広範囲にわたる知識と実用化経験を蓄積。 1997年7月から1999年12月まで、インターネット検索エンジン産業のパイオニアであるインフォシークのスタッフエンジニアとして働く。1994年5月から1997年6月まではIDD Information Services先任のコンサルタント。ニューヨーク州立大学理学修士号。
殿下の放蕩 ウリャー!! (ノ-o-)ノ ┫:・'.::
[PR]
by li_japan | 2007-03-11 13:00 | CIO, Net & PC | Comments(0)

百度株式会社のネットが起動

d0007589_9541587.gif日本のサイト管理者へのメッセージ

  日本の皆さん、初めまして。百度株式会社の作業管理担当者です。
  百度は中国の最大の検索エンジンです(ネットユーザの約7割)。
  海外初の進出となった日本市場へは2006年の12月に本格的に参入致したばかりです。
  さて、弊社はまもなく日本語版検索サービスを開始致しますが、それにあたり現在日本語サイトの情報収集Spiderのリサーチを実施しております。
  それにより御社のサイトに過剰なアクセスが発生したため、管理者の方には多大なるご心配をおかけ致しました。
  私たちは百度作業管理担当者としてこの度百度Spiderが御社のサイトにご迷惑をおかけしましたことに関して誠に申し訳なく思っております。
  今後はこの問題について会社全体が真摯に受け止め、日本のインターネット業界におけるルールに従い、このようなことが二度とないように努めていく所存でございます。
  弊社はここまで現れた問題について以下のように調整しました:
  1. 各サイトにクローラー負荷を下げさせています。Baiduspiderの最大クローラー頻度は9回/秒から1回/3秒までに下げさせました。以前クローラー頻度の1/27になりました。
  2. 各サイトの規模とIP負荷に対し、それぞれ対応できるクローラー対策を設定し、中小のサイトに対し、クローラー頻度は20秒/回以内にコントロールしています。
  3. サイトに対し圧縮クローラー機能を追加して、同じ負荷でサイトにのアクセス量はもともとの1/3に下げさせます。
  4. 各サイトに対し、毎日のクローラー総量をコントロールし、もしサイトの最大制限を超えると、当日で調整させます。
  5. もし各サイト管理者はBaiduspiderに対し、何かご質問がございましたら、たいへんお手数ですが、webmaster-jp@baidu.comまでにご連絡して頂きたいと思います。
  百度はこの様な努力し、御社のページビューにも役に立つよう最適なネットワーク構築や、より一層の協力関係を築けるよう、日々全力をあげてまいります。
  そしてユーザーがより良い体験をでき、弊社のリソースを日本のユーザーの皆様にご提供できれば幸いでございます。
  万一今後も弊社の情報収集Spiderが御社にご迷惑をおかけした場合、webmaster-jp@baidu.comまでにご連絡いただくか、直接首席科学者張以緯 宛てまでご連絡下さい。
  迅速的に対応させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
敬具
©2007 Baidu
中国語訳文韓国語訳文
[PR]
by li_japan | 2007-02-17 08:59 | 日本徒然草 | Comments(1)

baidu.jpのネームサーバーが鈍い

[Name Server] ns1.baidu.com
[Name Server] ns2.baidu.com
[Name Server] ns3.baidu.com
[Name Server] ns4.baidu.com
[最終更新] 2007/02/15 18:18:11 (JST)

C:\>ping ns1.baidu.com

Pinging ns1.baidu.com [202.108.250.228] with 32 bytes of data:

Reply from 202.108.250.228: bytes=32 time=366ms TTL=49
Reply from 202.108.250.228: bytes=32 time=359ms TTL=49
Reply from 202.108.250.228: bytes=32 time=384ms TTL=49
Reply from 202.108.250.228: bytes=32 time=376ms TTL=49

Ping statistics for 202.108.250.228:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 359ms, Maximum = 384ms, Average = 371ms

C:\>ping ns2.baidu.com

Pinging ns2.baidu.com [202.108.249.147] with 32 bytes of data:

Reply from 202.108.249.147: bytes=32 time=412ms TTL=49
Reply from 202.108.249.147: bytes=32 time=410ms TTL=49
Reply from 202.108.249.147: bytes=32 time=429ms TTL=49
Reply from 202.108.249.147: bytes=32 time=438ms TTL=49

Ping statistics for 202.108.249.147:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 410ms, Maximum = 438ms, Average = 422ms

C:\>ping ns3.baidu.com

Pinging ns3.baidu.com [220.181.27.61] with 32 bytes of data:

Reply from 220.181.27.61: bytes=32 time=258ms TTL=48
Reply from 220.181.27.61: bytes=32 time=254ms TTL=48
Request timed out.
Reply from 220.181.27.61: bytes=32 time=253ms TTL=48

Ping statistics for 220.181.27.61:
Packets: Sent = 4, Received = 3, Lost = 1 (25% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 253ms, Maximum = 258ms, Average = 255ms

C:\>ping ns4.baidu.com

Pinging ns4.baidu.com [220.181.27.62] with 32 bytes of data:

Request timed out.
Reply from 220.181.27.62: bytes=32 time=264ms TTL=48
Reply from 220.181.27.62: bytes=32 time=263ms TTL=48
Reply from 220.181.27.62: bytes=32 time=264ms TTL=48

Ping statistics for 220.181.27.62:
Packets: Sent = 4, Received = 3, Lost = 1 (25% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 263ms, Maximum = 264ms, Average = 263ms
[PR]
by li_japan | 2007-02-16 00:00 | cn(中国) | Comments(0)

BAIDU.JPを李彦宏の日本子会社に移した

今日、陳海騰君がやっと会社の登記簿謄本コピーを千駄ヶ谷に持ってきてくれた。彦宏さんとの約束を確認したい話しがなかなか通じなかった。公開情報なのに、どうして出したくないか、理解できなかった。話しの通じる孙瑞丰技術担当に感謝する。

これで陳海騰君が百度株式会社の社長であることを初めて知った。

これにより、始めて百度株式会社が去年12月に設立したことを確認できたので、彦宏さんとの約束とおり、2003年から今日までNPO法人日中が管理してきたBAIDU.JPを百度株式会社に移行した。よって、私の百度日本代表が終止符を打ったが、引き続き百度が日本でも成功するよう側面から支援していくつもり。
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] BAIDU.JP

[登録者名] 百度 日本における代表者 李拡建
[Registrant] li@baidu.jp

[Name Server] free-test.d4u.jp

[登録年月日] 2003/09/22
[有効期限] 2007/09/30
[状態] Active
[最終更新] 2006/10/01 01:05:04 (JST)
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] BAIDU.JP

[登録者名] 百度株式会社
[Registrant] baidu.jp

[Name Server] free-test.d4u.jp

[登録年月日] 2003/09/22
[有効期限] 2007/09/30
[状態] Active
[最終更新] 2007/02/08 12:07:28 (JST)
Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] BAIDU.JP

[登録者名] 百度株式会社
[Registrant] baidu.jp

[Name Server] dns.interq.or.jp
[Name Server] free-test.d4u.jp
[Name Server] dns1.interq.or.jp

[登録年月日] 2003/09/22
[有効期限] 2007/09/30
[状態] Active
[最終更新] 2007/02/08 14:16:59 (JST)
Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] ドメイン名管理者への連絡サービス
[Name] Contact Service
[Email] invalid@email.address
[Web Page]
[郵便番号] 100-0000
[住所] 以下のURLでドメイン名管理者への連絡が可能です
https://ssl.humeia.co.jp/domain/Contact.cgi
[Postal Address] Contact Form:
https://ssl.humeia.co.jp/domain/Contact.cgi
[電話番号] 01-2345-6789
[FAX番号]
[PR]
by li_japan | 2007-02-08 12:07 | cn(中国) | Comments(1)

百度株式会社陳海騰社長と面会

日本百度株式会社の陳海騰社長が訪ねてきた。上海契約書をもらった。
[PR]
by li_japan | 2007-01-23 17:30 | 日本徒然草 | Comments(0)

中文导报:百度进军日本大举招兵买马

中文导报记者杨文凯百度进军日本 大举招兵买马

中国著名检索引擎百度于年前正式宣布进军日本市场,这一消息引起了广泛关注。百度CEO李彦宏在2006年12月4日表示,经过半年多的市场调查和技术开发,百度将于2007年登陆日本互联网络收搜市场,挑战雅虎和Google在这个全球第二大经济体中的网络检索龙头地位。无独有偶,日本最大的网络商店“乐天市场”最近也宣布拓宇海外,进军中国。中日互联网巨头分别看好对方市场,有意在本土优势的基础上开拓新的增长点,这将使2007年的中日互联网行业充满看点。据悉,百度已开始在日招兵马买,吸引人才。

百度进军日本市场的想法由来已久。百度在美国纳斯达克上市之前的2003年9月,山西出身的百度CEO李彦宏在参加太原建城2500周年纪念活动时,就透露了这个想法,并委托“特定非营利活动法人日中”的代表在日本抢先注册有关百度的域名。2003年9月22日,NPO日中根据百度的依赖,在日注册了baidu.jp域名,并至今提供着百度日本域名转向baidu.com的服务。

2006年6月,李彦宏下决心进军日本市场,百度开始开发日文检索系统。6月11日,李彦宏亲自来日访问,与华人交流,调查市场,吸引人才。11月、NPO法人日中与百度签署了备忘录,协助百度在日落户。12月初,李彦宏正式宣布百度进军日本市场,旋即展开筹建日本分公司的工作,有关人才招聘将持续到2007年3月底,百度方面希望通过网络招聘方式,在日本现地招兵买马,建立队伍。有志者可点击NPO日中建立的网站http://www.baidu.jp,予以应聘。

李彦宏被称为“中国检索王”,日本方面对“百度上陆”非常重视,1月12日,《朝日新闻》对李彦宏及其百度进行了专题报道。报道介绍了李彦宏及其百度如何从一家默默无闻的IT风险企业成长为世界知名的搜索网站,并在中文世界里称王。日文检索,将是百度在中文以外进入的第一个外文检索市场。日方意识到,百度的志向是与现地龙头雅虎日本和Google一争高下,但也指出百度最擅长的面向年轻人的免费音乐检索在日本可能面临知识产权方面的障碍,但李彦宏接受采访时信心十足地表示,百度将会依据日本市场的需要来展开业务。

据悉,百度日本分公司计划在2007年3月底正式成立;此后,乐为他人作嫁衣裳的NPO日中将成完成百度日本代表的任务;但百度日文搜索网站是否同时开通,尚未可知。近日,日本正在探讨有关法律,放宽知识产权方面的限制以鼓励互联网检索行业的发展,这对百度而言无疑是一个从满鼓舞的信息。

但中国互联网业对百度进军日本看法不一。比如有意见认为,百度是一家新兴企业,没有多少国际市场经验;百度急于挑战雅虎及Google等检索巨头在日本市场的绝对主导地位,或可能错失开发由网页文字向声音影像过渡的下一代检索引擎技术的机会;百度在知识产权上的软胁和技术作弊方面的问题,将使其在日本市场的竞争中处于劣势。当然,中国官方的态度是积极支持,有报道称商务部外贸司官员说,百度这种高科技企业进军日本市场,与国家“十一五计划”的指导思想非常一致,可以改变目前“走出去”战略中“取资源”和“卖产品”的初级模式,尝试凭借技术、标准、服务进行扩张。
[PR]
by li_japan | 2007-01-15 13:15 | NPO&NGO | Comments(0)

中国の検索エンジン「百度」、日本上陸へ

d0007589_10345641.jpg朝日新聞:中国の検索エンジン「百度」、日本上陸へ

百度の創業者、李彦宏さん。本社は中国のシリコンバレーと呼ばれる中関村の高層ビルの一角にある=北京市の百度本社で。李彦宏氏 68年中国山西省生まれ。91年北京大情報管理学部を卒業後、ニューヨーク州立大バッファロー校でコンピューター科学の修士号を取得。8年の米国滞在を経て帰国し、00年1月に友人とともに百度を創業、会長兼最高経営責任者(CEO)に就く。

 中国最大手のインターネット検索エンジン「百度(バイドゥ・ドット・コム)」が07年、日本市場に上陸します。日本ではなじみが薄い百度ですが、米ナスダック市場への上場以来、世界的に知名度を上げつつある企業です。創業者の李彦宏(リー・イエンホン)会長兼最高経営責任者(CEO)(38)は06年、米誌「ビジネスウィーク」のベストリーダーの一人にも選ばれました。1億2000万人のネット人口を抱える中国の検索王、百度のパワーの秘密に迫りました。

●グーグルとも「対決」

 米国に次いで2番目に大きい市場規模、北京からの近さ、漢字を用いる類似性。中国語検索では世界最大の百度が、最初の海外進出先として日本を選んだ理由だ。

 衆里尋他千百度――人々の中で彼を何度も捜す。「中国人による中国人が使いやすい検索エンジン」を自負する「百度」の社名は、中国で有名な宋代の詩に由来する。中国人の自負と米国の市場技術を交ぜ合わせた企業だ。

 シリコンバレー帰りの李氏らが、00年に創業した際の資金は、米国のベンチャーキャピタル2社から借りた120万ドル。当初の社員は7人。北京大学の付属ホテルの一室で仕事を始めた。

 急拡大する中国ネット市場の勢いに乗り、今や社員は3000人。中国のネット利用者の9割近くが使う検索エンジンに成長した。アクセス数でみると、中国市場での百度の占有率は6割を超え、2位のグーグルの約3倍に達する=グラフ下。05年の売り上げは約4000万ドル、利益は600万ドルと急拡大を続ける。

 05年8月にはナスダック市場に上場。「中国のグーグル」とのふれこみで、上場初日の株価は27ドルから151ドルまで急騰。ITバブルの崩壊後では最大の値上がり率となった。

 百度の株式の数%を有し、一時は買収を狙ったとされるグーグルは、06年に株式を手放した。百度側が「中国市場では、単独で発展できる」(李会長)として、連携を突っぱねたという。世界の巨人グーグルと渡り合う李会長の姿は、中国の若者たちのあこがれの的だ。


●音楽検索、若者に人気

 「店でCDを買う友達はいないよ。海賊版でも数元(数十円)はかかる。百度で検索したらタダだ。教授たちだって、使っているよ」。中国の名門、清華大の男子学生(24)は、パソコンを使ってダウンロードした音楽を聴き、ディスクに録音して何度も楽しむという。

 著作権を無視した違法ダウンロードだが、中国では一般的な楽しみ方。利用者層が他社より若い百度は、この音楽検索の使いやすさに定評がある。

 無料で視聴やダウンロードできるサイトの一覧が表示され、日本や韓国の曲の特集もある。

 ワーナーなどレコード会社7社が百度を著作権侵害で訴えていた裁判で、北京第一中級法院(裁判所)は06年11月、訴訟請求を退けた。違法なホームページかどうかを判断できない検索会社は、レコード会社からの要求に応じてサイトを削除すれば、責任は問われないとの判断だ。

 百度はまた、検索結果の順位の決め方にオークションを援用する。このため、高い金額を提示した入札者のサイトが検索結果の上位になりがちという指摘がある。さらに、契約した会社のサイトにアクセスがあれば、そのたびに手数料を徴収する。

 こうしたやり方が、日本の利用者にどう評価されるかは未知数だが、李会長は「日本のニーズに適合させる」と自信をみせる。

◇李氏「社会貢献の手応えある」

 ――検索規制など中国政府に協力的で、関係もよいのが百度の成長の背景とみる人もいます。

 「関係は悪くない。しかし、政府から特別な資金援助も受けていないし、我々の発展は中国の消費者への理解と尊重による」

 ――成功した秘密は。

 「自分が好きで得意なことをしたからだろう。米国の大学の博士課程にいた時、松下電器の現地法人でインターンをした。大学とは違って研究テーマが市場に近く、実際的だった。社会に影響を与えている実感が強い研究の方が、自分には向いていると気づき、大学を離れた」

 「ネット検索は、国家主席も辺境の農民も同じように情報にアクセスできる手段。人と情報を近づけ、社会に貢献できる手応えがある」
[PR]
by li_japan | 2007-01-12 23:59 | cn(中国) | Comments(0)