人気ブログランキング |
ブログトップ

こにし

sxcn.exblog.jp

交通大学日本校友会連盟 規程

第一章 総則

第一条 当会は「交通大学日本校友会連盟」と呼ぶ。英文の訳名:Jiao Tong University Alumni Association Japan。
当規程が指す交通大学は、上海交通大学、西安交通大学、西南交通大学、北京交通大学、新竹交通大学である。
当会は交通大学校友の聯誼を従事するボランティア団体である。

第二条 当会の目的:校友と母校、校友の間の連絡、団結と協力を強化して、交通大学の優良な伝統を発揚し、共に中国を振興するため、各国人民の間の友情を増進し、母校の発展のために力に貢献する。

第三条 当会の任務:校友と母校、校友の間の連絡をつないで、国内外の校友の知力の優位を発揮して、広範に影響して、母校の発展のために貢献する。

第二章 会員

第四条 一般に下記の条件の中の一つに合う者は各校友会の会員になる:
一、 交通大学の各時期の卒業生、履修生、研修生と各国の留学生;
二、 交通大学で教員を務めて、勤めた者;
三、 交通大学の招聘する兼職教授、訪問教授、顧問教授、名誉教授とその他の兼職者。

第五条 交通大学の校友、母校の校友を通じて、各地の校友会を連絡し、登記表を書き、当会の規程を承認して、当会の会員になる。

第六条 会員の権利と義務
権利:
一、 校友会の各種機関の成員に、選挙と被選挙の権力がある;
二、 校友会の組織する各イベントに参加し、提案を行い、意見を述べる;
三、 母校の各仕事に対して提案を行い、意見を述べる;
四、 当会の関係する刊行物と資料を得る。
義務:
一、 校友会の規程を守る;
二、 校友会の仕事に関心を持って、校友会の組織する各イベントに参加する;
三、 母校の発展を関心を持ち支持し、国内外の学術が交流するのを促進する;
四、 積極的に交通大学校友会の刊行物に原稿を送る。

第三章 組織・機構

第七条 当会は理事会を設け、理事で構成する。毎期の理事会は年2回とし、東京と日本各地で開催する。臨時会議は会長から招集する。

第八条 当会の理事は各校友会の協議から発生、各学校の定員1あるいは3名を推挙する。毎期の理事任期は2年、再任することができる。

第九条 各方面との間の連絡を強化するため、通信理事を特別に設ける。通信理事は各交通大学校友会の会長が推挙する1名ほどの校友に担当する。

第十条 全ての校友の能力を発揮するため、当会は名誉理事を設け、名誉理事は退任した理事とする。

第十一条 理事会の職責
一、 対外的に当会を代表する;
二、 各校友会の会長から順番に当会の会長を担当し、任期は1年とするが、5人の会長の協議で変更できる;
三、 当会の仕事の方針を討論して決定して、重大な問題を計画する;
四、 当会の規程を釈明して改正する。

第十二条 各校友会の会長は当然副会長で、そして理事会の交代する年限によって順番に会長を担当し、理事会を司会し、現任会長は実際に必要に応じて数人の副会長を推薦することができる。

第十三条 当会は幹事を設けて、幹事会を構成する。幹事は理事会に責任を持つ。当会の日常仕事を担当する。幹事は各学校から会長の指定者が担当する。幹事は当然理事である。

第十四条 当会は校友の連絡理事を設ける。会長のもとに、日本内外の他の校友会を連絡する。
一、 校友、各地の校友会と連絡し、当会の日常仕事を処理する;国内と海外の帰校する校友の学術講演、見学する;《交大校友》等の刊行物に投稿する。
二、 日本で《交大校友》を配る。

第15条 総会の定めにより会名を決めた。実際の情況によって、柔軟で、便利で、多様な組織形式をとって、更に有効に校友の仕事を展開する。当会と日本の各校友会は、いつも各地校友会と密接な連絡をする。しかし組織的な従属関係がない。

第四章 経費

第16条 毎回のイベントの経費は、団体の賛助、校友の寄贈のほか、残りはイベントに参加する会員で割り勘する。

第五章 停止

第17条 当会は不可抗力の困難などの原因で停止せざるえない時、理事会の全体会議から採決して、停止に賛成して、そして会長が関連文書を署名し、当会を停止することができる。

第六章 付則

第18条 当会は1996年に創立した。総会規程は1997年5月16日に施行した。当規程は2016年2月29日に制定した。



by li_japan | 2016-02-29 23:59 | 同学,知青 | Comments(0)
<< 交通大学百廿華誕日本祝賀会 交通大学日本校友会章程(案) >>